フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

2019年3月17日 (日)

冷蔵庫に5日間寝かせて完熟の石鯛のお造りは旨かった!

Dscn0643

Dscn0646
昨日は石鯛を半身はお造りにして、残りは今夜味噌漬けでいただきます。皮の湯引きも,大葉の上の縁側も、船宿からもらってきたなまワカメも、どれもとても美味しくいただきました。

2019年3月16日 (土)

電動リールのラインを巻き直したのだが

Dscn0641

Dscn0640
船上で電動リールの液晶表示が狂ってしまったのを気が付いて、予備のリールで間に合わせたのだが、この治し方が解ったのは、帰宅して昨日今日と二日がかりで電動リールとリサイクラーを使ってPEラインを巻き直してから マニュアルをを読んで、その意味がやっと解ったのでした。つまりこのやり方が解って居れば 電動リールのラインをリサイクラーへ移してからもう一度電動リールへ巻きこみ直さなくても 船上でも治せたのでした。マニュアルに書かれていることの意味を、その通りに理解していなかったということでした。
私は腕時計の4か所あるスイッチの操作でも、どれがどれだか どうすればできるのかが解らなくて、壊してしまったことがあり(本当に壊れたのかも不明なんですが)、たかが腕時計でもそうなので、電動リールの複雑なスイッチ操作はもうかなわないのであります。前に息子に聞いたら、「そんなのは全部使わなくても大丈夫」言われていたので、その気になっていたんですが、一番肝心な操作についてはやはりマニュアルの意味をちゃんと覚えておかないと、こんな目に会うことになるのでありました。
Dscn0642

2019年3月15日 (金)

リールがおかしくなったので、巻き直しをしなければ!

海の上では船上で予想していない事態に遭遇することがいくつもあるので、支度準備にはかなり注意しているはずなのに、当日の朝気が付いたらまだ寒いのに合羽を忘れたりして、今回は車に常備していたゴアテックス(防水が効かなくなったので、普段は使っていないのが)会ったので事なきを得たのでしたが、人の車だったら、お手上げでした。そしてトラブルは私の場合今まで竿を折ってしまうことが一番多かったのですが、これは去年購入した竿が結構高級品で頑丈なのを手当てしたのでクリアーしたのですが、釣りの基本の仕掛けについては、初めての船宿で狙いものも初物だったから、天秤・クッション・サニービシ・Dscn0616 針仕掛けを一式1800円で購入したのですが、大物をかけた瞬間にPEとリーダーの接続部がブチ切れてロストしてしまい、Dscn0594 新品があっという間に消えてしまいました。自作した仕掛けは全然機能せず、また苦入試なの仕手、かつサニービシは店の指定は80号でしたが、持参は60号だったので20号錘を足して何とか代用しました。そしてトラブルは電動リールにまで及び、船長指示棚が56mなのに新品ではないけれども私が購入した電動リールはまだ3回目なのに液晶表示が狂ってしまって,着底しても25mなんて出ていたのでした。予備の電動リールシーボーグ300は3号PEだったんですが、こっちは前回アカムツで使用していて、糸ふけが気になる以外は(大名釣りでお祭りの心配がなかったので)最後まで普通に使えたのでした。Dscn0625帰宅後新しいマニュアルを読んら、液晶表示がおかしくなったら巻き直しをしろと書かれていました。これは使ってみないとチェックは難しいのと、どうしてそうなったのかもわからないのですが、故障ではないと まあわかっただけでも良かったのかなー?

2019年3月13日 (水)

石鯛4枚確保!リリースは1枚だけで効率良し!

Dscn0617Dscn0618

https://www.youtube.com/watch?v=OsjWPbXCEsY

2019年2月19日 (火)

今年海釣初釣りでアカムツ6匹確保!

Dscn0586_2

200号錘で水深が260mと船長が言うのに300m以上出てしまって、底立ちがなかなか取れないのはミニサバの襲撃などだったのだが、ビギナーズラックで一投目に金目を釣った人やら本命をお祭りを外してから取り込んだ人もいたのだった。開始から私は一投目はパスしたりして、2時間ゼロ行進、水深が深いので落とすのも揚げるのも時間がかかって、かつまたお祭り連発だったし、私は左隣りが順調に数を伸ばして型の方も結構よかったので それに対抗して頑張って負けずに何とか数は同じ6匹で追いついたくらいに、後半戦で入れ食いなどもやったのだった。
同行の伊藤名人がヤリイカ希望で、もう一人種山氏もそちらへ乗ったのだが、アカムツの船はこの日波崎はお休みなのでポイントには幸丸の4艘ともう一つが飯岡からだけで、客もこのため波崎から回ってきた人もいたらしい。ヤリイカなら私は鹿島で乗りたいと思っていたので、アカムツ習いを替えなかったが、ヤリイカ船は全滅だったらしくて、こちらも1時間半かかって帰港したが、それよりも遅く帰ってきた。御蔭様にて金沢と新潟へクール便で発送し、息子の家ときのこの会長の所に配ってきたし、家内の歌の先生には今日煮つけにして明日持って行くと言っている。初釣りに行けなかった1月インフルエンザから何とか脱出して、やっと初釣りだったが何とか結果を残せてよかったとかんしゃのこころなのであります。

2019年2月16日 (土)

今年海の初釣りはアカムツ狙いで18日出撃します。

Dscn0548http://photozou.jp/diary/show/1453432/220169/finish

来週19日飯岡幸丸予約済だったが、春一番予報なので同行伊藤名人から18日へ変更の電話があり、すぐに船宿へ申し込んだら平日なのでOKだった。今年初の海釣りとなるので、(海があれてやはり4日は延期になったが、支度は準備済だったが)改めて竿も全部並べてチェックし直した。一昨年アカムツと太刀魚と竿頭を取ったのにそれを何度も折ってしまい、深場で暴れるのを上げるには粘りのある柔軟性が欲しいので去年ネットオークションでゲットしたダイワ狙い230MHで50㎝超えるのを目標に出撃するのであります。

2019年2月11日 (月)

雪降る中を、今年初釣りに横十間川ハゼの夜釣りに出撃、

Dscn0537 インフルエンザで1月は出撃できず、4日はアカムツが海が荒れて延期したし、この3連休も雪が降る悪天候だったので、ついにハゼの夜釣りで初釣りに行ったが、激渋覚悟だったが当たりが3回しかなく2匹、そのうち1匹は針から落ちて着地。去年も同じポイントで顔を合わせたメンバー(私は今回もケミ蛍でしたが師匠は輝くLEDでした。もう一人は今回も沢山美味しいパンを土産に分けてくれたのです)雪降る予報の中ホカロン張り頑張って19時半前に会えなくダウン、片づけてきましたが、三人で並んで釣ったのを全部10匹有難く頂いて来たので、今日は久しぶりに唐揚げでいただきます。

2018年12月24日 (月)

包丁研ぎ、最終ラウンドへ突入!

Dscn0266

伊藤名人のお宅を訪ねて包丁の研ぎ方の指導を直に受けてきた。Dscn0255 髭もそれるほどに研ぐのはやはりノウハウがあって、私の包丁の研ぎ方では、なかなかそのレベルへの道が開かなかったので、今回チェックしてもらったら、基本的な葉の角度を是正されたのでした。つまり荒研ぎからやり直しが必要で、かなり研ぎ直してたので、今度は切れるようになったんですが、気が付かないうちに、Dscn0271 左手の3本もの指先を切っていました。後でお茶を頂いていたら、いつの間にか血がにじんできて、家に帰ってからは、その傷が捲れて水を使うと痛みだしてバンドエイトで手当てする始末。怖い実感を持ちました。今までの包丁の入れ方でケースに収納せずに置いたのでは、以前のように手を突っ込むとケガをするので危ないと家内に言われてしまったのでした。

2018年12月16日 (日)

江戸前ハゼ釣り大会参加3度目にして3位になりました。

Dscn0229

去年の今頃錦糸町界隈を竿をもって歩いて釣れないので、江戸前ハゼ釣り深川住吉会のメンバーから色々教えてもらって、今年の2月前まで通って寒中夜釣を勉強したのでした。その後今年夏の大会に誘ってもらって、まんまとビリでしたし、2度目は横浜まで出かけたのに足が痛くて早々にギブアップ早退してきたのですが、今回は3度目で初めて入賞してきたうえに、参加者全員から大量のハゼを頂いてこれたので、昨日の晩と今朝と5時間かけて貴重な食材を捌きました。Dscn0241 何とか研いだ包丁も駆使し、刺し身はちょびっと、てんぷらネタと、開きの麺つゆ干しと唐揚げ用と卵のしょうゆ漬けなどバリエーションも豊かにDscn0235 食材をストックできました。これから天ぷらだけでなく、いろいろ正月用に加工などできますから楽しみなのであります。住吉会の皆さま本当にありがとうございました。

2018年12月14日 (金)

ハゼ釣り大会に明日は参加するのです。

Dscn0516 明日はハゼ釣り大会今年3回目横十間川で住吉会の開催に参加する準備をした。真夏大会の時は初回なので顔見世様子見程度で成績はどん尻、前回の横浜では遅刻し足が痛くて早々に引き上げたので、今度こそまともに参戦したいと思って支度をしたのだが、寒くなってハゼは明るいうちは全然食わないから夕方勝負なので、防寒着が今持っている船用は重いので、軽量化を図るためにワークマンへ行って重ね着合羽を購入してきた。皆和竿の高級竿を駆使して釣る会員たちの中に入っても、そりゃー大した成績は上げられそうもないけれど、今年は1月から通った成果を少しでも出して来ようと思っているのであります

より以前の記事一覧