フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

2019年3月 8日 (金)

教習所で高齢者講習を受けてから免許試験場で更新をしてきた。

Dscn0494前回は白内障手術した後視力が改善して眼鏡を不要になったが、今回は教習所の動体視力でも、実地指導で視覚角度の衰えが指摘を受けて、免許試験場では裸眼では通らずに眼鏡使用になってしまった。すでに夕方の走行時には自分で眼鏡をかけるようにしていたので、これはもう解っていたのだったが 今後は改めてもう片方の白内障の検査をうけるべきか迷うのであります。

2019年2月23日 (土)

父の一周忌を無事に好天気に恵まれ法要を済ませました。

Dscn0459遠路仙台から義妹と福島から姪たちが、山梨から従妹たちが参加してくれて、好天気に恵まれて にぎやかに法要を済ませることができました。母もインフルエンザ以来の久しぶりの外出だったのですが、皆と顔を合わせられて一緒に食事を楽しめて良かったでした。Dscn0451

2019年2月 6日 (水)

江戸の大火で中野などにお寺が引っ越したんだけど

Img_0397 とっかかりは、東京湾にお台場建造や海保の石をどうやって積み上げたんだのかを見たかったんですが!!これは江戸の明和の大火の後でいち早く財を成した人の話だったので、江戸城の石垣の石をどう運んだかとか、利根川水系から蔵前までの水運を導いた話ではなかったのでした。阿武隈川やヤッショウマカショの最上川の水運などから北前船航路までの、新井白石のころの江戸改造計画のお話でした。

2019年1月16日 (水)

北風吹きぬく寒い朝モー♪♪鉄塔上に人の姿がありました!

Dscn0364インフルエンザが激しく流行って母が昨日はいつもの病院がだめでいくつもの病院で断られて(施設の人たちが頑張って半日も)探しまくってやっと相模原で見つかって行って来たら、食事も水もとれない状態でしたが、医師の判断では11日の処方された薬が効いているからと、点滴と処方薬だけで帰されたのでした。

今日は私は杏林病院へ先週処方された薬の効き具合を検査されてきたのですが、やはり先生が「この病院でもベッドが空いていなくてインフルエンザ患者は入院できないでいる」と話していました。なので、インフルエンザにはこの時期かかってはいけないのであります。

.その帰り道で日当たり良くても北風冷たいのに、送電線鉄塔上に作業する人たちの姿を見て、もう見ただけでも足が震えてしまったのであります。
Dscn0365

2019年1月12日 (土)

インフルエンザが診察の最後には 陽性になっていました。

Dscn0356正月明け2日に入院したのは昨年でしたが、全く似た症状で昨日は施設から電話で病院へ受診させたいと連絡があり11時に立ち会ってきました。3日前に39度超える高熱出て緊急往診を受けた時の検査でインフルエンザは陰性だったが、その後熱は下がり食欲も少し良くなってはいたものの、母の呼吸時ヒューヒュー音がして酸素量が不足というのでした。今回は同じ病院でしたがもうベッドの空きがないから入院は不能と最初に言われて、Dscn0357 採血・レントゲン・心電図・吸入などやってから、最後に念のためインフルエンザ検査を再度やると言われて、待つこと15時過ぎまで、そしたらインフルエンザが陽性だって言われて、それまで待合室のベンチに大勢と一緒に車いすで長いこと待機していたのに、別の隔離場所へ移されたのでした。私は16時半に別のクリニックへ予約を入れてあったので、介護の人に後を託して そこから抜け出してしまいましたが、それまでの4時間忙しく働く看護師にどうなっているのかを聞くのもためらわれるほどの混雑ぶりに、彼女たちも応対に限界を超えて走り回っていたのでした。母が車いすからベッドに横になるよう勧められても、Dsn0354 断ってずーっとそのまま待機していられる程度に回復していたので良かったのですが、おそらく3日前の高熱でピークを越えたのだったのか、帰宅後施設に電話したら、別のフロアは立ち入り禁止になり、私たち夫婦にも翌日には見舞には来ない方が良いとのことでした。インフルエンザって目に見えないだけに、流行ると施設などでは高齢者が多くてかかりやすいから本当に大変なことになるんですね。

2019年1月 2日 (水)

元旦はお墓参りと施設の母とお節を一緒に食べてきました。

Dscn0312今年干支を迎えた母と施設で一緒にお節を食べてきました。風邪をひくこともなく無事に年越しできた母ですが、何歳になったか聞くと、60歳だよと冗談を言っていましたが、食欲もあって 身罷った父の話もすることなく、年末には施設で色々餅つき・年越しそばなど催しがあったことを話していました。

Dscn0318

2018年12月 6日 (木)

免許更新前の認知機能検査を通過

Dscn0154免許更新前の認知機能検査を受けてきたが、家内から「検査が通らなければ返上すればよいんだからね!」と発破をかけられていたのですが、何とか無事に通過しました。検査は3段階になっていて、その点数がそれぞれに係数で合計算出され、結果も段階になっていて、レベルで講習を受けるコースが2時間と3時間などと違ってくるのだそうです。Dscn0155_2 お蔭様にて何とか2時間コースを確保したんですが、この申し込みは来年の3月書き換えの場合は来年の2月頃に申し込みするように言われて、それはもう毎月の申し込みが満タン状態なので期限直前を優先的に受け付けるとの説明でした。

2018年11月28日 (水)

包丁研ぎの研鑽を重ねているのであります。

Dscn0461前回ハゼの天ぷらネタ作り時に包丁の切れが悪くなっていて骨と身をはがすのに苦労したので、今回は”ペーパーやすりを買ってきたリ 砥石同士をこすり合わせてピッタリ引っ付くまで平らにたり、錆びて汚れた刃の裏表をピカピカに磨いて”3日間連続して包丁を研いだら、やはり切れ味が戻って楽にさばけたのでありました。釣果は少なくサイズも小さなハゼの抱卵した6匹から 卵を取り出したくらいですから、まあ自分では納得できるレベルまでは研いだんですが。しかし名人たちのを動画で見れば、手にぶら下げた紙をスパッと、1㎝幅でスライスしたり、ひげを剃ったりしているんですが、そこまではまだまだ至らないのであります。これからも包丁を使うたびに その前に繰り返し研いでもっともっと切れ味を良くする努力をするつもりであります。

2018年11月25日 (日)

包丁研ぎ、2日連続してやったが、まだ髭を剃るまでに至らず!

Dscn0107昨日も動画を何本か見た後で、ペーパーやすりの200.400番を買ってきて、包丁の汚い錆び汚れを落としてから、改めて砥石で研いだのだが、きれいに輝いたけれども、なかなか髭を剃る程の鋭い歯が付くところまでには行きつかなかった。残念ながら原因がまだつかめていないのだ。

2018年11月 1日 (木)

免許更新はえらく面倒になってしまった。

Dscn0364先月受け取った免許更新の案内状に75歳以上の認知検査は予約満タン(11月分はすでに受付完了、今日から12月分申し込み開始)だから早めに申し込めと書かれていたので、電話したら全然繋がらず、近くの教習場へ出かけて行ったら、1時間も順番待ちで、並んだ隣の人に聞けばやはり電話が全然繋がらずに町田市からやってきているのだとの事。見ればやはり後期高齢者ばかり大勢来ていた。面倒なことに、この認知機能検査の後また改めて後期高齢者講習を申込を、別の日にしなければならないんだそうだ。しかも免許交付はまたそれとは別に受けなければならないのだから、都合3度も足を運ばないと更新できないんですって!

より以前の記事一覧