フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

2019年1月13日 (日)

アンコウ鍋を食す!

Img_0382

昨日は施設へ行かず母の様態を電話で聞いたのだが、熱は下がったけれども食欲が落ちているらしいので心配している。私は母の発熱の連絡を受けて3日間通ったし、一昨日は特にびったりと付き添っていたし、検査結果が後で出たときにはインフルエンザ陽性だなんて知らなかったので、今日になって鼻水・くしゃみ連発でもしかしたら移ったかなーって❔今はちょっと心配している。昨日の朝一番に近くのスーパーの魚売り場で珍しくそこで捌いたアンコウが実に鮮度良くきれいな状態だったので、昨晩鍋にして食べたらこれは最高にうまかったのでしたが、母の食欲不振を尻目に、こちらだけご機嫌だったのがまずかったかなーって思ったりしているのであります。

2018年12月23日 (日)

塩素の結晶が採れた!

Dscn0253

いつもは近間のスーパーの純水(不純物は除去する装置から)を汲み入れているのだが、たまに水道水を入れていたら、Dscn0252 湯沸かしポットの水面に浮く白いのが気になっていたが、今朝はこれを掃除してやったら、かなりの結晶になって採れた。長くこれを掃除せずにいたためだと思うのだが、歯磨き粉にも混ぜられているのだから、問題はないと思うのだが、ちょっとびっくりだった。

2018年12月22日 (土)

枯露柿完成!孫たちに配布!

Dscn0520

クリスマス・プレゼントに枯露柿自家製を今日は配布します。今回は他のお菓子やチョコレートとともに、(いつもは正月にお年玉にしていたんですが、そうすると粉を噴いて見た目はきれいになるんですが しかしそれだとカチンカチンになるので)少し早めに配ることにしました。

2018年12月19日 (水)

ハゼの南蛮漬け

Dscn0519_2

ハゼの南蛮漬けを沢山作成。今回のレシピは釣りのお師匠さんの手ほどきに従い、揚げたてすぐをこの汁に浸して食べて美味かったのですが、その食べ方で全部食べてしまったら 一日冷蔵庫に寝かしておく分がなくなってしまいそうなくらいでした。何とかおかずとしてタッパに入れておいたのを、今夜は頂くのであります。

2018年12月17日 (月)

ハゼの天ぷらを美味しくいただきました。

Dscn0518

昨日は団地の餅つき大会と階段掃除が恒例開催でしたが、階段掃除は家内と参加しましたが、餅つきは毎年何臼かついて手伝っていたのに、前日捌いたハゼの残りが185匹もあり、それを天ぷらネタや唐揚げ、めんつゆ漬け開きに捌くのを早朝からやったので、立ちっぱなしでくたびれてしまったので、Dscn0242 餅と豚汁を食べさせてもらっただけで、負傷欠場でごめんなさいと挨拶してきました。

2018年12月13日 (木)

ハゼの開きの麺つゆ漬けを焼いて食べた!美味!

Dscn0201

一昨日釣ってきたハゼを天ぷらと唐揚げで昨夜私が揚げて食べたのだが、釣りたてすぐにさばいたのはやはり鮮度が良いためにうまさが違い実に満足したのでありました。包丁研ぎまくって捌いて釣ったハゼを口に入れるまでのフルコースに扱うのは,もう完全にマスター出来た感じ。昨日は量がちょっと少なかったので、前に作ってあったハゼの南蛮漬けと開きを麺つゆに漬けたのを焼いて食べたが、家内はこの開きの方が天ぷらより好きだと言った。

2018年12月11日 (火)

保存食品制作経過

Dscn0182

枯露柿平干し2日目
回転逆さに、昨日ざるの置いた箇所に柔らかな赤い身から糖蜜がしみだしていたので、位置をずらすだけでなく、上下もひっくり返してやった。まだ外でもっと干せばよかったのかも、しかし鳥が去年はつつきに来たから、避難したので仕方がないからなー!
Dscn0185Dscn0187


長崎の人から教わったレシピの2品
カエリというのは煮干しをいりごまや鰹節塩昆布などと混ぜたおかず。
大根漬けも今は野菜がえらい安くなって大量に出回っているので、保存食に作成しました。

2018年12月10日 (月)

日々是好日、煌く包丁、枯露柿回転

Dscn0180 アジ切り包丁でハゼを捌いた後で又包丁を研いだら、Dscn0181_2 輝きが増したような気がした。うれしくなって他の包丁もやってやった。鏡面のような輝きが出てきた感じがした。

Dscn0174_2 これからは毎日の日課で、屋内収納したざるに載せている平干しした枯露柿を毎日裏返ししてやらなければいけないのであります。

Dscn0179_2

2018年12月 9日 (日)

枯露柿平干し

Dscn0162

昨日もみ揉みして、今朝屋内に取り込んで平干しを開始しました。去年はこのタイミングがちょっとだけ遅れたら 吊るしているのをつつきに来たヒヨドリと真っ向から顔を見合わせて、向こうはそれこそホバリングしたまままるで腰を抜かさんばかりになって 追い払うことができたんですが、2個ぐらい傷をつけられた記憶がまだ消えないので、今回は早めに収納したのであります。

2018年12月 7日 (金)

枯露柿自家製20日目、もみもみした!

Dscn015810月17日に吊るし始めたので、昨日は皮が乾いたので中の種まで実の繊維をほどくように,揉み解しました。もう少ししたら降ろして平干しするのですが、これで制作工程の半分になります。今年は温暖だったので、去年みたいにカビが生える恐れがあったのですが、対策として皮をむいてすぐに熱湯にくぐらせてからぶら下げたのが効果を上げて無事に変色することなくきれいな色で推移しています。また去年はそろそろ家に取り込むころだと思って外に出たときにたまたまヒヨドリがつつきに来て顔を真正面から見合わせたので、対策に釣り糸を前のよりも目立つ太くて色付きのをぶら下げています。高級枯露柿は高価な品なので毎年自家製して、孫たちにお年玉として配って喜ばれているのであります。

より以前の記事一覧