フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月30日 (火)

風蘭2鉢競演

Dscf3976 Dscf3974 

まだ一つは蕾だが、二鉢とも賑やかに咲いている。

香りを聞きたくて、部屋のテーブルに持ち込んだが、夕方の方が香りが強くなるのだったかなー?

2019年7月28日 (日)

台風6号でも打ち上げ花火大会が各地で開催された。

Dscf3963 Dscf3961

台風の接近中には強風が吹いて雨の心配したのに、それほど降らずに各地の花火大会が開催されたみたいだ。

我が家の打ち上げ花火は一輪だけ、ハイビスカスと並んで西日に輝いていた。

大輪朝顔は又半開きで全開せずが3輪中一輪あった。

2019年7月26日 (金)

台風北上で猛暑襲来と強風が吹きこんでゼラニュームの枝を折ってしまった。

Dscf3958

花が沢山つき重みもあったので、強風に根元から折られて垂れ下がってしまったのを、起こして支柱を立ててやった。

Dscf3960 Dscf3959

同じくか細いクサハナビの茎が強風に折られていないかチェックしたら、これは柳の様に躱して耐えていたが、

(この花を分けてもらった本家のプランターではもう林立満開しているのに)今までも すでに何本も蕾が折れて

(風ではなく接触などで)花が咲かずに立ち枯れてしまうのが残念なのだ。

2019年7月25日 (木)

キノコ展覧会の開催通知が郵送されてきた。

Dscf3948 同時にメールでポスター掲示に協力依頼があった。昨朝は野菜直販場所へラジオ体操メンバーと一緒に歩いて行ったら、いつもの公園法面にきれいな色のキノコを発見、チチタケだったので採取、朝飯の味噌汁にナスと一緒に入れて食べました。Dscf3946

那須地方のうどんなどで栃木県民には珍重されるらしいのだが,こちらの乳液の出方が少ないのか、それほど喜ばれるという感じが今一なのは調理方法のせいなのか解らないのでありました。

2019年7月23日 (火)

まだ雨が残って居たが、昼過ぎてからようやく予報通り梅雨明け気配になってきた。

今朝はまだ傘をさして昼頃までは曇り空だったが、セミのなき声がうるさくなって日差しが強くなって一気に猛暑が降臨した感じ。

朝顔は今朝も半開きだったが、この日照が果たして今までの半開きの原因を解消させてくれるか、明日は結果判明しそうだ。

Dscf3940 Dscf3939

そしてサフランモドキが久しぶりに一輪開花、不夜城の最後の部分をかわいそうなので切り花にして飾ってやった。

2019年7月22日 (月)

ニイニイゼミが生きていた。

昨夜家内がセミの声かしらと云ったのだが、今朝朝顔や風蘭をチェックしていたら足元にセミが落ちていた。

Dscf3929 Dscf3928

Dscf3935 Dscf3926

ニイニイゼミは木に止まっている時にはなかなかこの色なので見つけにくいのだが、手で触ったら指に捕まってきてまだ生きていた。

まだ生まれたばかりだったのか、雨を逃れてベランダに飛び込んできたのか解らないが、フェンスの外に飛ばして逃がしてやった。

2019年7月19日 (金)

朝顔日記、花が夕方になっても全部咲かないままのが いくつかあるのです。

Img_0544 Img_0543 Img_0542 Img_0541

下の2枚がそうなんですが、悲しいことに、なぜか起きてすぐ見ると 

すでに満開のがあるのに、膨らんでいるのに先端部が開ききれずに

上の2枚の様に

夕方になってもそのまんまのがいくつかあるのであります。

2019年7月18日 (木)

カブトムシには会えず‼まだ日照不足は樹液にも影響しているのかも!

手指の痛さが長く続き、手首が直角に曲げられなくて今日は整形外科でX線検査を受けたが、結果は異常なしで

今年は年明けから杏林大学病院の定期検診でCRP値が大丈夫なので、服用していたステロイドをストップしていたのだが

それがどうもよくなかったらしくて、また新たに1mgを服用したら。かなり痛みが和らいだのには驚きだった。

自転車でペダルを踏む時に ハンドルに前屈みになって体重を乗せてを漕ごうとすると、手首が痛くて出来なかったが

今日はこの薬を1粒飲んだだけで、かなり楽になったので、里山へは自転車では久しく出かけなかったが、自分の団地内階段で

Dscn0091 Dscn0090 カミキリムシを見つけたので、カブトムシも出てきていないかと、チェックに行ってきた。残念ながら毎年樹液が垂れている

箇所にはヒカゲチョウとカナブンがいただけで、あの真っ黒の姿は見当たらなかった。まだ昨日久しぶりに日照がわずかに

戻ってきただけで 今日もまた雨だし、樹液が滴るまでには梅雨明け宣言を待つしかないと思ったのでありました。

2019年7月17日 (水)

ツチカブリなどハツタケの大量発生を観てきた。

Img_0539 Img_0538 Img_0537

ラジオ体操にはこのところ降り続く雨で参加できずにいたが、今朝は久しぶりに出てきた。その公園の周囲の法面の林には遠目に見ても沢山のキノコが見えたのですが、いつもの採取するイグチの種類ではなくて、ベニタケの種類のハツタケなどだと思われるのですが、あんまり大量に出ていると手にしてチェックする気にもなれなくて、やっと真っ白なのを発見したのでこれは裏返ししてみたら、茎の根本に白初の青いリングはなく ひだに乳液が浮き出ていたのでツチカブリと判定。しかしきれいでもこれはダメで写真だけにしてきました。

2019年7月16日 (火)

風蘭の蕾の尻尾が見えてきた。

Dscf3901 Dscf3899

風蘭の鉢を並べたら、右の鉢には3本立っているが、左の鉢にも2本伸びてきそう。

蕾の形が、蘭独特の後方にしっぽが見えてきている。

2019年7月15日 (月)

息子が釣ってきた刺身を分けてくれた!

  Dscf3891 Dscf3891 手指の痛みで(このところ東京湾は蛸ラッシュだと知っていたけれども)釣りに出かけられない私ですが、息子が友達とボートで大島へ釣りに行ったものの館山沖までしか行けずに、帰路に湾奥でタコを釣って帰ってきた。沢山釣れてミニサイズはリリースしてきたというので、たいして釣れなかったのかと思ったが、届けてくれた時に見せてくれた写真には、なんとアカヤガラの1メーターもあるのが両手いっぱいに拡がられて写っていたのでした。太刀魚と刺身にして分けてくれたので、昨夜は美味しくいただきました。

 

2019年7月14日 (日)

雨に咲く花、

Dscf3888 Dscf3890 Dscf3887

今朝は5輪咲いていたが、やはり葉っぱに埋もれて半開きだったので2輪は切り花にして花瓶に飾ってやりました。

ゼラニューム。モミジバゼラニューム。花キリン。不夜城全部赤ばかりで雨に咲いています。

今日は雨が上がると猛暑が戻ってくるらしいですね。

 

雨に咲く花、

Dscf3888 Dscf3890 Dscf3887

今朝は5輪咲いていたが、やはり葉っぱに埋もれて半開きだったので2輪は切り花にして花瓶に飾ってやりました。

ゼラニューム。モミジバゼラニューム。花キリン。不夜城全部赤ばかりで雨に咲いています。

今日は雨が上がると猛暑が戻ってくるらしいですね。

 

2019年7月13日 (土)

風蘭と桜ランの花芽

Dscf3886 Dscf3884 Dscf3883 Dscf3882

風蘭2鉢に3本と1本花芽が伸びてきている。

桜ラン2鉢にも4か所と1か所に花芽があるのだが、葉っぱに隠れてまだミニサイズなので見つけるのに苦労するかエア、番号札をつけてやった。

2019年7月12日 (金)

大輪種2輪咲く

Dscf3878 Dscf3877

贅沢なもんで、こっちの鉢が連続咲き出し、まあ色も気に入ったんで、別のもう一鉢が今度は何色が咲き出すか、別の色が咲いてくれたらよいのだがなんて勝手なことを考えているのであります。

2019年7月11日 (木)

朝顔日記 昨日は葉っぱに隠れて居たのを見つけたのだが

Dscf3875 Dscf3872

上の方には芽の高さまで蔓が伸びて、いっぱい蕾が出ているのに、昨日は足元に葉っぱに覆われて咲き始めていたのを見つけたのだが、今朝はそれより高い位置にちゃんと開花していた。それと次の蕾も膨らみだしているのがちゃんと見えているので、梅雨明けはまだだが、ようやく咲き出したので、これから賑やかになりそうだ。

2019年7月 9日 (火)

朝顔日記 花赤紫開花1号

Dscf3798 Dscf3799

摘芯した根元の茎に一輪だけ発見!覆い隠していた大きな葉っぱに何色が咲いたか不明状態だったので

かき分けて花びらを広げてやったら、大輪種の第一号はこんな赤紫だった。

もう上の方は目の高さまで蕾が沢山ついているのだが、全部2番目の鉢も同じ色が咲くのだろうかなー?

 

2019年7月 8日 (月)

6回目パトロールは賑やかでした。アップしきれないくらいありました。

Dscf3848 今年初めてチチタケ発見、Dscf3849 アメリカウラベニイロガワリは一本だけでしたが似たようなニセアシベニイグチは沢山採取、これは前にアワビのような食感だと書かれていたので水煮何度もさらして食べて美味かった覚えがあるキノコでした。

Dscf3824ナラタケモドキは去年は大漁したのですが、今回は古くて採取せずパス。

ヤマドリタケモドキは今回もミニサイズを採取したが、これでも虫が入りかけていました。

藍色のハツタケなどDscf3835Dscf3847

コガネヤマドリかイロガワリなのか不明のもしっかりとしたイグチもありました。

2019年7月 7日 (日)

はんぺんみたいにみそ汁に入れて食べました。

Dscn0084 Dscn0083

前の日に車で通った時に見かけて何かと気になったのですが、昨日は雨の合間に自転車で出かけてチェックしてきました。そばで見ればすぐにノウタケだと解ったものの、歩道に面する石垣の段差(大した高さではないんですが)よじ登ろうとしたら、手指の痛いのが手首にも影響して足を掛けても右も左も手を突いて体を持ち上げることができずに、離れた階段まで迂回してやっと到達したのでした。そんな苦労したので、採取して半分に割ってチェックしたら、中は真っ白できれいで十分食用になったのでした。帰宅してすぐにみそ汁に入れて食べましたが、まったくはんぺんと変わらぬ味でした。

 

2019年7月 6日 (土)

黒くて網目がなくて、しかし香りは良いイグチは何だろうかと⁇

Dscf3797 Dscf3796 Dscf3795 Dscf3794ススケヤマドリではないかと思うのですが!

 

2019年7月 5日 (金)

アンズタケ大量発生!

Dscf3785 Dscf3787 Dscf3789 Dscf3780 Dscf3779

キノコパトロール5回目はMLB大谷さーんのホームランを期待してテレビにかじりついていたので、雨が降らなかった夕方になって出撃。

アンズタケは沢山見れましたが、この前のアメリカウラベニイロガワリやアカヤマドリなどは真っ白に残骸になってしまってました。

2019年7月 4日 (木)

サフランモドキ三回目の開花

Dscf3759 Dscf3762

花キリンも蕾が増えてきました。

2019年7月 3日 (水)

茸パトロール4回目は自転車の空気が抜けて、車でチェックしてきた。

朝6時に直販農家へ枝豆を買い付けに行ったら、まだ生育が足りず実が小さいからもう少し待てと言われた。

苔の公園へそのあとで行ったら、Dscf3756 Dscf3755 テングの茎の蛇のようなマダラのと、アワタケなどをちょっとだけ観た。

Dscf3758 そしてミニサイズのヤマドリタケモドキは大量発生林立していたので、手に取り裏返して石鎚をカッターナイフで

切断したら、こんなに小さいのにもかかわらず、すでに虫の侵入痕跡を発見した。その場でかなり茎を切り落とし

帰宅後も、なおも笠と茎を切り離し、茎を半割にしてやったが、広げた新聞紙の上に極小の蟻みたいな虫が何匹も這いまわっていた。

カビにやられるよりも早く、虫も生活が懸かっているのだから必死なんだろうが、なんせキノコ採取も難しいのであります。

2019年7月 2日 (火)

朝顔日記 蔓の先端は目の高さになった!

Dscf3753 Dscf3752 今まで蔓を伸ばすために摘芯した後、蕾は沢山ついたのだが、全部摘んでやっていた。

もうすぐ朝顔市で、我が家のも最初の鉢は背が目の高さまで伸びてきたし、まだ2鉢目も

脇芽が支柱へ巻き付きだしているので、そろそろ花を咲かせてみようと思う。

Dscf3750 Dscf3749 アロエの不夜城も今年は2本立ちでそろそろ開花しそうだ。

2019年7月 1日 (月)

茸パトロール3日目アカヤマドリとヤマドリタケモドキ採取

Dscf3742 Dscf3735 Dscf3727

Dscf3728

こう雨が続くとせっかくキノコを発見し持ち帰っても、白くカビに侵されてしまい、虫に食われてダメになるよりも食材としてキープすることが難しくなっています。林の中にアカヤマドリが巨大化したのがズラリと並んでいても、これのうち持ち帰れるのは、ほんのわずかになっています。そして大事に貴重な蛋白源なので、今度はこれを調理する方法を考えなければなりませんが、キノコの会のレシピにはイタリアンのシェフの手引書があるので、これで勝負してみようと思っています。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »