フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

食不食は??

Dscf3696 Dscf3695_20190630073701 Dscf3694

これは旨いと言われているんですが、似ているのにだめ?なのもあり、キノコは難しい。しかし昨日会ったグループの人はニセアシベニイグチ

はダメだと言ったが、私は食べたことがあると言い、向こうは裏黒ニガイグチを食べたことがあるが、三割くらい当たるかもと経験者として話していた。私は当たりたくないので、食べないけれど、見ればチョコレート菓子のような美しさもあって面白いのであります。

2019年6月29日 (土)

茸パトロールでライバルグループに遭遇した。

ラジオ体操の後一旦帰宅してから いつもの苔の公園にパトロールしてきたら、なんと本格的な照明器具を三脚付きで持参したグループと遭遇した。こちらは過去はいつも朝早く行っているので、人に会うことは滅多になかったんです。ここでカメラをぶら下げて、かつ食べられるかどうかを話しながら、あれこれチェックしながら、きちんと石突をナイフでえぐるように切り落として持ち帰って行く姿は、もうこれは完全に私の食材調達のライバルに違いないのでありました。Dscf3703 Dscf3707 Dscf3695 Dscf3691 Dscf3688 Dscf3682

2019年6月28日 (金)

台風接近大雨予報で、ちょっと様子をチェックしてきた。

Dscf3675 Dscf3674 Dscf3673 Dscf3672

 きれいに丹精して花壇の管理をしている人から、朝鮮アザミが咲くと実にきれいなのでぜひ見に来てと勧められたのに、雨降り続きそうなので、キノコパトロールへ行かずにこの団地の庭へ出かけてきたが、まだ開花にまで至らなかった。代わりにエキナセアとアガパンサスを撮影してきた。前者は名札を帰宅してから検索したら キク科で色違いの種類も多く秋まで沢山咲くと書かれていた。後者は昔は珍しかったのに、今では団地の片隅や公園のコンクリー製プランターなどにあちこち増えて沢山見かけるようになった。

2019年6月26日 (水)

雨後のキノコパトロール開始しました。

Dscf3668 Dscf3666 1本シメジが出る場所と会長さんから聞いていた、苔の林に行ったら、ニオイコベニタケとシロハツ(もどき?)は解りましたが、やはり一本シメジの種類は同定が難しくて、写メールで沢山生えていたのを金子さんに教えてもらいました。裏のひだの色が赤くなるのは、クサウラベニタケだと教えてもらいました。未だに私にはハタケシメジには会えないのであります。Dscf3655 Dscf3653 Dscf3650

2019年6月25日 (火)

野牡丹の枝を2本分けてもらって鉢に挿し木を植え付けた

Dscf3631

前には毎年咲かせていたのですが、強烈剪定をして枯らしてしまったので、寂しい思いをしていたんですが、近くの団地の花壇を丹精している人から分けて頂きました。

2019年6月22日 (土)

ネジバナがわずかに開花を発見!

Dscn0053 Dscn0052

今月初めの草刈りで毎年沢山咲く場所を丁寧にその棟のおばあさんが刈ってしまったので、今年は中々出てこないなーと思っていたが、ようやく最初のがひょろひょろと顔を見せてくれていた。

2019年6月21日 (金)

アジサイを何種類か切り花にして届けてきた

Dscn0051 施設の母に届けてきたら、「外は暑いかい?」と聞くのだが、家内の病院も同じだが、エアコンが効いているのでちょっと長く居ると薄いジャンパーを着ていかないと鼻水が出るのだ。

Dscn0057 Dscn0056 Dscn0055

2019年6月19日 (水)

朝顔日記 2番目の鉢の摘芯

Dscf3600 すでに摘芯をしてある1番目の鉢は脇芽が伸び始めていて、蕾も見えだしている。

Dscf3601 2番目の鉢の本葉もようやく7枚目が出てきたので、摘芯実施した。

もう一つ鉢を増やそうかと思ったが、もうベランダの鉢の数がかなりになってしまったし、今朝は大葉を植えた鉢が、何本も立ってきて窮屈になったので、別の鉢に分けて植え替えたので、朝顔はもう増やさないことにした。

Dscf3597

2019年6月18日 (火)

家内が1週間ぶりに退院してきた。

Dscn0049 左上腕骨折で11日入院12日に手術昨日17日に退院、リハビリは術後翌日から毎日続けているのだが、片手だけで不自由でもなんとか生活できるようになったものの、夜中に眠れないほどの激痛は今朝もまだ治っていない。

医師も看護師も、手術した後はそれが続くのが普通だと言うので、これからも週に2回リハビリに通うけれども、氷と一日3回制限の痛み止めで激痛に耐えるしかないのだ。怪我をするのは一瞬だが、その後は大変なんだと実感させられた。

なので今は老老介護している自分がケガしてはいけないから、(毎日へバーデン結節、頚椎刺による神経圧迫で手指の痛みに悩まされているので)なんでもなくてもちょっとしたはずみで ふらつき転んだら今度は立つのに自分でも信じられないくらいに苦労しているので もう歳だから歩くだけでも用心注意が肝心になってしまった。

2019年6月16日 (日)

ベランダ園芸 葉っぱがいっぱい

Img_0521_1 Img_0522 Img_0516 Img_0515

大葉は釣りに行った時の刺身のツマに使うために植えているのですが、このところ釣りに行けないのが残念なのであります。

パクチーは昔ちょっと前までは好きくありませんでしたが、この頃はインスタントラーメンに入れて食したりしているのであります。

ハイビスカスの葉っぱは食べられませんが、これは蕾の上に被さって”虫に食われたのか?穴あきの葉っぱ”が大量にあったので、整理剪定してやったのであります。

2019年6月15日 (土)

アマリリス4番目が開花

家内の手術後の経過は すでにリハビリを開始出来ているし、日程は17日退院で21日の検査まで

「腫れも残って痛みは続くが、何とか普通の生活していくしかない」と担当医師からも言われて

浮腫んだ腕をぶつけないように病院内を頑張って体を動かすようにしている。それなのに、なんと

昨日は娘が見舞に来た病院のベッド脇で 床掃除の人が「モップで塗れて滑るから注意」と言うのに

私が靴底を滑らせて 尻餅をついてしまった。怪我をしなかったが、このところの手指の痛さに

そこから立つのに苦労したのを、見られてしまった。もう歳なので、ケガが怖いと言いながら、本当に

困ったもんだと、思ったのでありました。

Img_0507 ベランダではアマリリスが4本目が開花、千手観音状態だった孔雀サボテンの最後の蕾が1本だけ残って居る。

2019年6月14日 (金)

家内が4日深夜転倒左上腕骨折して12日手術が無事に終了した。

家内が4日深夜トイレに起きて玄関マットにつまずき転倒、コンクリーの叩きに左肩を打ち付けて、上腕骨折した。

5日にクリニック受診したら即手術必要と紹介状で混んでいない方の病院を選択してその日の午前中に緊急外来で検査を受けた。

7日改めて入院前の検査を受けたら。当初14日手術予定だったが 11日入院12日手術と日程は早まった。

しかし三角巾で吊って痛み止め薬を飲んでも、左手は寝返りも打てずに、厳しい一週間を過ごした。

やっと無事に12日には手術が無事に成功したが、その晩は一睡もできずに13日顔を観たら凄く疲労困憊していた。

Dscn0042 その為連絡したのだが、息子も娘にも会いたくないと言うので、翌日も点滴が続き食事は一切とれずにいたので、

14日以降に見舞に来るように電話で伝えた。

今日は娘も顔を観に来たのが、2日間すでにリハビリも開始されていて、本人も何とか復帰するための努力中で

おかげさまで骨の中にパイプが差し込まれてボルトで固定されているのが、外見では傷の下まで見えないので

かなり痛み苦しいのだろうけれども、骨がずれて痛んでいた時とは違って、何とか頑張ってくれていた。

しかし骨粗鬆対策と、転倒防止など、骨折しないように日頃十分用心しておかないと、骨折してもすぐには

どこの病院でも診てもらえないことを 今回は思い知らされたのでした。

2019年6月13日 (木)

不夜城 蕾が伸びていた。

足元にこの鉢が上にデンドロビューム、右手に孔雀サボテンの鉢と並んで置いてあったので、こんなにニョキニョキ伸びてくるまで気が付かなかった。Dscf3571 Dscf3570

2019年6月10日 (月)

朝顔日記 No1鉢 摘芯決行

2鉢の内No1は 本葉枚数5枚しかないけれども、先端部が左巻きに2回転巻き付いて、加えて脇芽がすでに下の葉っぱの付け根に気配が見えているので、思い切って摘芯を決行した。Dscn0031 Dscn0029

2019年6月 8日 (土)

朝顔日記 摘芯目前になりました!

Dscn0025 Dscn0017 Dscn0016

書かれているのには、本葉5~8枚で摘芯とありましたが、葉のサイズもまだ小さいのと、

一日で先端部が左巻きに絡みだしたりして伸び方が確認できるようになってきたので、

ここはもう少し待ってからと思っているのであります。

2019年6月 7日 (金)

甲府から高級サクランボが贈ってくれたので施設の母に届けてきました。

Dscn0007 外は運動会などの小学生が熱中症で救急車なんて報じられているし、私もポロシャツ一枚で汗をびっしょりだったのに、施設は皆長袖やカーデガンなどで過ごしていた。母も食堂でおやつの時間だったが、やはり長袖で、「窓から風が吹き込んでいるから、外は雨が降っているかい?」なんて言っていて、忙しく介護する制服の人達も「外は31度ですよー!」というと、「やっぱり!」と言って全然中では季節感が感じられず、逆に寒かったくらいだった。

昨日着いたのだが、甲府の叔父さんが贈ってくれた見事なきれいに輝くサクランボ

Dscn0009 Dscn0008

を喜んで次から次に口へ運んでいた。

この前のアマリリスとすでに先週一度孔雀サボテンは持参しているが、我が家で今満開の孔雀サボテンを一緒に母に届けてきた。残念ながらこれは花の日持ちが短いので 今回はゼラニュームも添えて飾ってきた。

2019年6月 6日 (木)

屋内の花瓶がもういっぱいなので、孔雀サボテンを切り花に飾り切れなくて!!

Dscf3566 Dscf3563 Dscf3565

屋内の花瓶に飾ってやると、元気に開花するのと、咲ききれないのとあるので、昨日花瓶がいっぱいなので、もう残ったのをほったらかしにしたら、今朝はこんなに賑やかになったんですが、ほとんどはあっち向きに咲いているんです。

2019年6月 5日 (水)

孔雀がいっぱい咲きます。

Dscf3562 Dscf3560 Dscf3559 孔雀サボテンの大輪が次から次に咲きます。まだ蕾が1ダース以上残って居るんですが、これらは時期をずらして咲いてくれればうれしいのですが、そうはなかなか行きませんので、後5日間はもつてくれるかなーって感じです。

2019年6月 4日 (火)

黄色い花も沢山咲き出していた。

Img_0497 Img_0491 Img_0490 Img_0487 Img_0486

黄色い花は、明るくて賑やかでいいですね。

2019年6月 3日 (月)

朝顔日記 まだ摘芯までもうちょっとです。

Dscf3558 Dscf3557 Dscf3545

今年は花の色が不明のまま植えつけたので、名札付きの苗を購入してきて

隣に一鉢並べてやろうか考え中。ただ棚を吊るのは 今回は段取り宜しく済ませています。

2019年6月 2日 (日)

孔雀サボテン、千手観音像になりました。

Dscf3539 昨日は膨らみ始めて紐がほどけてきたので、施設の母に2輪切り花にして届けてきました。同時に我が家でも2輪が開花しましたので、一気に千手観音状態になってきました。今朝はやはり2輪を団地の同じ棟の下の階のお宅にも届けてきましたが、合計6輪を切っても、もう次のが幾つも紐がほどけています。

Dscf3541 千手観音状態を目指していたのに、こうなると、もう少しばらついて開花して欲しいなんて、相反する考えをしてしまうのです。

2019年6月 1日 (土)

白い花が咲いてたー♪♬

夾竹桃の白い花、タイサンボクが咲き始めていました。Dscf3536 Dscf3528

Dscf3534 ポピーもあちこちの花壇に植えられて色とりどりに輝いていました。

Dscf3523 キンギョソウとは違うとんがり帽子も塀脇に並んで咲いていました。

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »