フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

ぬか漬け再開しました。

家内から「食べたければ、貴方が好きなのだから 自分で漬けろ!」と言われて、長いことやっていたのですが、冬場にキュウリなど高価になってしまうと、これは贅沢品を越えてしまうので、何年前かついにぬか床を悪くしてしまって、中止せざるを得なかったのですが、このところスーパーに鮮度の良いぬか漬け用としてかなりリーズナブルな袋入りを見たら、またやりたくなってしまったのでした。どこかから良いぬか床を調達したかったんですが、まあ手軽に再開するためには、市販されているごく普通のぬかでスタートします。この時期ならすぐに漬かるでしょうから、自家製ぬか漬けを早速今晩から食べるのを楽しみにしているのであります。

Dscn0717

2019年5月30日 (木)

ドクダミがいっぱい咲いています。

Dscf3514 どこを歩いても足元に今を盛りに開花し始めているドクダミ。

貝取公民館の花壇の隅にはいろんな花が咲いている中に埋もれる感じで知っている人しか見ないけれども、

Dscn0709 八重咲ドクダミを撮影してきたら、結構増えていてラジオ体操のメンバーが「こっちにもあるよ」と教えてくれたら、

Dscn0706 別の人が「斑入りもあるんだよ」と、その場所を案内してくれて、おかげ様にて今朝は3種類のドクダミを写してこれたのでした。

2019年5月28日 (火)

千手観音様のような御姿になるでしょうか?

アマリリスの花を切り花にして施設の母へ届けてきたら。その同じ株にもう一本立っているのと別の鉢の株からも伸びたのが両方競演始めている。Dscf3496 その脇に置いている孔雀サボテンは今年も咲くのだが、前は屋内で越冬させた為か 背丈が腰より高く伸びて 花数も沢山咲いたのだった。それなのに一昨年からベランダに出しっぱなしにして増えたので、株分けした鉢にエアコン排気風を当てたら枯れてしまったので、慌てて位置をずらして、この2鉢は何とか復元させたのだった。そんな変遷を受けたけれども、やっと蕾がもうすぐ開花をしそうなのです。

2019年5月27日 (月)

施設の母にアマリリスの切り花と、サマーオレンジを一緒に届けてきた。

お寺さんへの付け届けに今年は空海上人の生誕1250周年行事への寄付金も一緒に届けて来たことや、臨家の不幸があった話しなど伝えてきたら、解ってくれてはいるのだろうが、施設の空調が効いているので、外の猛暑が帯広で39度なんて言っても中に居るので全然関係なく元気に過ごしてくれていた。

Dscn0697 Dscn0698

マリリスの花は「大きいねー!」と喜んでいた。

2019年5月26日 (日)

毎年タコ釣りで世話になっているトクエム丸に去年はクロダイ2枚だったのだが、

北下浦港から小型船で真沖へ出港したのは朝8時、遠くの房総などはもやがかかっていましたが、猛暑天気予報でしたが幸い海上は波も静かにかすかに風も心地よく絶好の釣り日和だったのでした。Dscn0731

去年は船中私だけが2枚釣ったので、そしてこの船ではクロダイの実績がもう長いこと外れなしだったので、最初にカワハギが釣れて時には

これは去年のスタートと同じパターンだってひそかに喜んだのでした。

Dscn0735 Dscn0737

それがまさかの3連続ボーズの、船中私だけがボーズになるなどとは。決して思いもよらない出来事になってしまったのでした。

いつもこの船宿では仕掛けだけでなく竿も支度の方を手ぶらでもOKというくらいに色々サービスしてくれるので、

やはり考えれば油断があったんですね。

Dscn0740 Dscn0741 Dscn0742

まあ中乗りさん達から雄雌一匹ずつ分けてもらったので土産は確保でき、自分で良型のカワハギやムシガレイも美味しく食べれたので、前回までの連続ボーズで全く外道も釣れなかったのより少しは改善されたので、この後は何とかなるのではないかと期待しているのであります。

2019年5月23日 (木)

赤いブラシとハチクとスイカズラに熊蜂

もう半袖でも日向を避けて木陰を歩く方が気持ちがいいくらいな暑い日になってきました。

Dscn0688 青空にブラシの花が輝いていました。

Dscn0685 熊蜂が香りに誘われてスイカズラに何匹も飛んできていました。

Dscn0683 朝はハチクの状態をチェックしてきました。

2019年5月22日 (水)

ベランダ園芸・葉物植え替え

Dscf3466 越年したイタリアンパセリがプランターに繁茂していて、(去年から繰り返して何度も収穫したのに、今も塔がたって花を咲かせているのだが)今もって元気な状態をキープしているが、さすがに脇へ挿し木をしたゼラニュームなどの育ちが悪いので、一気に用土をひっくり返してDscf3480 Dscf3482

根っこを整理した。見れば プランターの表面から底にまでびっしりと全体に根っこが回って、太い幹は丸で樹のような凄い状態だった。Dscf3481

プランターに新調した培養土に石灰を混ぜて入れてから、パクチー2株とイタリアンパセリの脇芽の根が付いているのを2株植えつけた。

2019年5月21日 (火)

忍冬酒を去年は作って飲んだんだけど!

Dscf3478 Dscf3479 スイカズラが遊歩道脇や里山の藪であちこちに沢山咲いている。ネットで検索したら、これは漢方薬に使われていて、有名なのは金銀花酒・忍冬酒として家康が愛飲したのだそうだ。去年はこれを見てから(小さい花だから100g集めるのは大変な数を収集したのだが)焼酎に漬けて、飲んでみたが、その効果は今年あちこち体が痛くてまいっているんで、あんまり良かったとは言えないかもしれない。

2019年5月20日 (月)

手長エビ釣りに行ったけれども,悲惨な釣果に泣きました。

小田急永山から10時に乗って、初めて降りた川崎駅で餌を買う釣具屋を探して歩いたら、前夜に検索したにもかかわらず、全然見つけられずにやっとビルの5階まで行った店では生エサを扱っていませんと言われて、足がくたびれるほど歩いた後、駅前の交番に戻ってやっと教えてもらって赤虫を購入したのでした。Dscn0721 多摩川の三本橋につくとさすがに日曜でこのところ好調と言われているだけあって、大勢が竿を出していた。そんな中でテトラの先端部から小学生が「また釣れた!」と言いながら、両親の所のブクブク入りクーラーへせっせと運んでいたので。その近くに入らせてもらった。Dscn0725 前夜家で支度をしている時に老眼乱視で見えない針とテグスと格闘している姿を見た家内が、「そんなのは絶対に無理なのだから、行くのは止めた方が良い」と宣言されたのに、何とか準備してきたのだが、足場の悪いテトラの上で風に揺られた仕掛けをほどくのも餌を針に刺すのも難行苦行でありました。小学生が「また釣れた、小さいのも大きいのも見えているよ!」とか言うのですが、穴が違うと私には全然見えず、そちらの穴を覗かせてもらって、確かに何匹もうごめいているのが確認できました。しかし玉ウキからシモリ仕掛けに交換したりしたのに全然当たりもなく、一方小学生はDscn0720 「また釣れた!もう40匹以上になったでしょう」と母親に話していたので、どんな風にやっているのか聞いたら、2本の短い1m位の竿先を水面に突っこんで、シモリを動かすまで待って,ゆっくりと合わせて釣っていた。私も真似してやっとDscn0723 一匹釣ったが、持参した投げ釣り用のリールがクラッシュしたり、交換した延べ竿も長くてテトラのすき間にはつっかえてしまいやりにくかった。手長エビの浮きを潜らせて、合わせた後抜き上げてくるときのキックバックを体験したくて行ったのに、全然サイズがミニ過ぎて、多少抵抗を感じるくらいでぬーっと上がってきただけだった。長時間足場が悪い中頑張ったが、足元がふらついてテトラから落ちそうになって、やばいと思ったからもう止めて引き上げてきた。去年はエビの顔も見れずまったくゼロだったし、今年の前回一つテンヤとコマセ真鯛で2度も連続ボーズだったから、一応2匹でも釣れたので良しとしたのでした。そして普段は釣ったら食べる主義なのだが2匹をリリースしてきて、次回こそ食べられる魚を釣るぞ!と楽しみは長く続く方が良いのだと無理やりやせ我慢してきた釣行記でありました。

2019年5月18日 (土)

ベランダ園芸 蕾ラインナップ

Dscf3474 Dscf3468 Dscf3472 Dscf3470

イタリアンパセリ元気で何度も採取したのにまたもやこれほど伸びて種を採取できそうです。

孔雀サボテンは前には大輪を千手観音像の様に沢山咲いたんですが。強烈剪定と植え替えで時期が悪かったのか何鉢も枯らしてしまったのですが、去年からこの新しい株が何とか咲いてくれているのです。

桜ランには新芽が葉を伸ばし始めているんですが、前年に咲いた跡にまた蕾が出るのですが。今年は去年植え替えてやはり何鉢も枯らしてしまったので、新しい幹に新芽とは違うイガグリ頭の蕾の気配が見えてきました。

アマリリスは去年植えつけを逆さにしたので変な出方をしたのですが、今年は掘り出さずそのままにしたら一本だけ立ち上がってきました。

2019年5月17日 (金)

ナンジャモンジャではありません!

吉祥院の正門脇の大木を見に居たのに咲いていなかったんですが、Dscf3463 今は代わりにDscf3464 エゴノキがちょっと似たようににぎやかに咲いて、すでにDscf3465 落下の舞で地面に拡がっていました。

2019年5月16日 (木)

ハチクを採取してきた。

今年はタケノコが不作だったから、3日前に探したときには無かったので

Dscf3458 Dscf3456 ハチクもダメかと思ったが、今朝のラジオ体操の前の散歩道脇に見つけて採取してきた。

2019年5月14日 (火)

大葉が伸びてきました!

Dscf3423 Dscf3422   去年は大葉の苗を購入して育てた後、種ができるまで枯れても鉢から長く抜かずにおいていたので、今年になってから沢山発芽したのですが、まだ生育して伸びてくるまでは雑草かどうか見分けられなかったのです。今朝は大きく育った分は、その茎が四角なのと先端部に出てきたちじれ具合は間違いなく青チソだと解りました。

2019年5月13日 (月)

久しぶりにラジオ体操の貝取南公園まで出かけて参加してきた。

毎朝参加していたのに、去年9月以来どうもあちこちの具合が悪くなってしまって、今年の冬の寒い時期からは家の中ではラジオを聴きながら一人でやっていたものの、いつもの場所には出かけていなかった。この頃筍や蕗などを自転車で採りに出かけていたら、途中でメンバーに会って、声をかけられることが多かったので、今朝は久しぶりに参加してきた。みんなもやはり高齢者なので、私が体調不調で参加できなかったと言ったら、相見互いだと言われたのでした。帰りには近間の団地の手入れの良い花壇を眺めて、きれいに咲かせているDscf3410 Dscf3401 Dscf3399 Dscf3398 Dscf3397   バラなどを撮影して帰ってきました。

2019年5月12日 (日)

薫風香る良い季節なのに、あっという間に熱中症や紫外線対策へ

Dscf3392 Dscf3391 Dscf3390 Dscf3389

ハイビスカスの屋内越冬させた鉢を外に出すと、毎年葉焼けし枯れボーズになったのですが、今回も虫に食われたのかどうか解らない状態になっているのです。Dscn0677

2019年5月11日 (土)

弟の眠る仙台の地の,一目千本桜の素晴らしい景観を思いがけず今朝の番組で眺めることが出来た!

Dscn0663 Dscn0671 Dscn0670 Dscn0664

今朝は思いがけずスイッチを入れたTV番組で、もう9年前葬儀の朝一人で登って参拝した船岡の観音様から眺める一目千本桜の景観が見られた。あの時は参道の登り道脇にはアジサイとヤマユリがいっぱいだったが、弟(から聞いたものの想像するだけだった)がもう何度も嫁さんたちと一緒に登った蔵王連峰をバックに見晴らす川沿いの桜が満開の華やかな景観は実にみごとなものだった。

 

2019年5月10日 (金)

手指の痛いのをGW中は痛み止めで何とか乗り切ったんですが

連休明け処方してもらいに行って、ドクターへ「右の手の平を突くと痛い」「自転車のハンドルを握る時に痛い」などの症状を訴えたら、今度はまた別のパンフレットDscn0656 Dscn0655 を出して、症状が進んだら、手術をしなければならない。そしてその手術は紹介状を出しますが、ここでは対応できないと言われました。恐ろしくなって、とりあえず処方されている今の飲み薬と塗り薬で痛みを抑える努力をしなければと思ったのでありました。

2019年5月 7日 (火)

アミガサタケ・筍、今年はダメかと思っていたのが、一気に採取できました。

アミガサタケは今年は不作でしたが、一昨日の雷雨と雹が置土産をしてくれたのでしょうか?Dscf3370

団地の北側の植え込みの下草の中に一本見つけたら、なんと芋づる式に10本も採取できたのです。

この時期は椿の花がらが散乱するため、Dscf3371 毎年注意して見ているのですが、なかなか見つけるのは難しかったのでした。

そして雨後の筍というのだから、今年は不作だと聞いて遠慮していた筍の様子を見に行ってきたのでした。

もう農家では採らなくなって、あたり一面にへし折ったのが散乱していましたので、背丈が1m位まで伸びてしまった太めの奴をその先端部だけ切り取って持ち帰ってきました。Dscf3384

今夜は大漁したので、これらをどうして食べようかと思案中なのであります。

2019年5月 5日 (日)

昨日は天気予報が当たって凄い雷雨で雹も降った。

昨日は天皇の一般参賀は好天気に恵まれたのに、午後からは多摩も凄い雷雨になって雹も降り

1557017351 屋根がうるさいほどだった。

その為、今朝里山を散歩してきたら農道にはヘドロが流れてぐちゃぐちゃになっていたし、遊歩道には葉っぱが散って凄いことになっていた。

今年は筍を南伊豆一条の竹のこ村で買ってきたので、(ここずーっと頸椎からくる手指が痛いためもあって)こちらでは一度も掘りに行っていなかったのだが、今朝はやっとのこぎりで背丈が1mくらい伸びた太い奴の先端部だけを切ってきて、茹でました。はたしてうまいかどうかですが、一応テレビ番組で福岡の筍名産地の専門家のノウハウを教えてもらったのを実践したものでした。

2019年5月 1日 (水)

令和元年スタート、10連休真ん中だ!

今日は好天気で

Dscf3347 ガステリアは蕾が先端部まで色づいて、下の方は咲き出しているのかどうか?わかりにくい花なんです。

Dscf3348 レデボウリアソシアリスはこれは屋外に出したまんまの鉢なので、ようやく蕾林立しました。

Dscf3349 孔雀サボテンは沢山蕾が出てきています。しかし これの内咲くまで膨らむのは半分以下なのですが。

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »