フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月31日 (木)

インフルエンザの咳がやっと止まったので 朝の散歩に!!

Dscf3139_2 ヒイラギ南天❔南天ヒイラギ?開花開始していた。

普通の万作の蕾はまだ硬かったのに、シナ万作は開花が開始していました。

Dscf3161

2019年1月30日 (水)

免許更新と肺炎球菌予防接種

Dscn0402昨日も杏林大学病院へ行ってきたが、今日は採血こそ昨日済ませたので朝飯抜きではなかったが、ワーハリン処方が効き具合をチェックしてもらってきた。何時まで処方されるのか聞いたら、血管にフィルターが入っている人には処方するんだって言われたのだが、日医大では10年以上処方されていなかったのになー?

免許証更新と肺炎球菌予防接種は結局今日は行かなかったのだが、その代わりに来月から値上げするというので散髪にカット専門のQBハウスへ行ってきた。

2019年1月28日 (月)

アリャー!まあ!マリリンになってしまいました!

シンビの鉢が元気よく最低でも3種類7鉢はあったのに、今では5鉢になってしまった上に、ミニサイズ化して痩せたバルブの鉢もあるし、このままではどんどんデンドロの様にとぼれてしまいそうなんです。そんな中でも去年年末にシースが伸びてきた鉢は2鉢でした。Img_0393
そしてシース発生時期がずれたので、大輪種のマリリンとシェリーロマンスだと勝手に思っていたら、開花してみたらマリリンだけになってしまったみたいなんです。
http://photozou.jp/photo/show/1453432/259585823
このままではいけないと、思い切って今年は花の終わりには 新しい水苔と鉢も新品に替えて植え替えをするつもりであります。昔花が林立して凄いきれいに咲きまくった時とは違って 全然バルブの太さが迫力がなくなった感じがするのは 鉢の深さ・サイズと関係がないか確かめてみようと思っているのです。元気よく背が高くバルブも太くてまっすぐ伸びるためには 底まで鉢の浅いのでは根っこが十分に成長できないのではないのかって思うのであります。

2019年1月27日 (日)

シンビジューム2鉢目開花始まる!

Img_0388今年はすでに年初から咲いているマリリンモンローは一本だけだったが、昨日は切り花にして施設の母に届けてきた。今朝は2鉢目のシェリーロマンスがこっちは遅く蕾を伸ばしてきていて、枝も4本立っているのだが、ようやく開花が始まった。脇の背の低い方のしかも下の方の蕾が、Img_0390 同時に開花を始めたのは ちょっと予想外だった。

2019年1月26日 (土)

施設の母の顔を久しぶりに見てきました。

Dscn0394インフルエンザを発症したのが9日でその後食事がとれなくなって水も入らない状態が15日ごろで、病院すべてがベッド満タンで入院どころか受診もできない状態になった時に、私も家内も移ってしまって、施設へはもちこまないようにと面会謝絶になってしまったのでした。私は昨日咳止め処方薬の補充をしてもらいにクリニックへ行って、もう大丈夫となったので、今日は1週間ぶりに母の顔を観てきました。まだベッドで寝ている方が多いんですが、食事が大分改善されてきていて、梅干しと林檎を剥いて持参したら、ちゃんと食べました。ハイビスカスとシンビを切り花にして持参して飾ってきました。前回は水も入らないっていうくらいに衰弱していたので、今回は会話も普通にできて、顔色も良くなっていたので、本当に良かったと思いました。なんせ高齢なので、まだ体調が戻っていない先週に従妹が見舞に来てくれたんですが、それを覚えてはいませんでした。

2019年1月24日 (木)

インフルエンザ陽性5日目になったのですが!!

Dscn0387 20日以来、実際私も家内も熱は下がったが 咳が苦しくて またもう一度インフルエンザを移してはいけないから、面会禁止で その後施設の微熱が残って居る母の様態を観に行っていないのです。
本来は杏林大学病院の筋痛症(一昨年の2月以来処方されている)のステロイド剤などは22日の受診でもうサヨナラになるはずだったんですが、インフルをばらまいてはいけないと我慢して29日へ延期したのでした。しかし今月末までには、市の健康診断の検診結果を聞きに25日、28には日医大の皮膚科へ蜂窩織炎で、29日に筋痛症で、30日には深部静脈血栓の杏林大学病院へと、日程がまた混んでしまっているのであります。
そのほかに肺炎球菌予防摂取を17日に健康診断検診と一緒に受けるはずが、風邪ひいている時にはダメだったので、これが一旦キャンセルした時には 市役所へ出向いて改めて申請からやり直さなければならないのだとの事。
もうなんでこんなになってしまったのか?!というくらいに、インフルエンザで面倒くさいことになってしまい 魚釣りなど全然見当も付けられないほどまで振り回されてしまったのでした。

2019年1月23日 (水)

インフルエンザ猛威よ早く去ってくれ!

Dscn0379インフルエンザ陽性判定から3日経ったが、わたしは

筋痛症(一昨年2月から)ステロイド剤服用が本当は昨日杏林大学病院へ行ってもう不要になる日程だったんですが、インフルエンザ陽性判定が20日だったので延期になり、蜂窩織炎と右足深部静脈血栓・そしてインフルエンザの薬とでもう薬漬け!熱が収まっているのに咳がまだ消えないのです
家内はインフルエンザ予防接種を受けていたのにもかかわらず、(効果が出るまで3週間もかかる為)21日に全く同じ症状になって二人して蟄居状態で推移中

2019年1月21日 (月)

予防接種済の家内も同じ症状になって咳で二人とも苦しんでいる。

Dscn037717日に母の見舞いに施設へ行った帰りに家内と二人でたらふく回転ずしを食べてきたのだが、全然食べられない母を思えばちょっと無神経だったかなーって思ったのでありました。恐るべしインフルエンザの猛威にやられて私は18日のクリニックの検診で、一緒に肺炎球菌予防接種を受ける予約していたがこれがだめになってしまった。家内も同じ症状が出て、予防接種って効かないのかなーと二人で咳で苦しんでいるのであります。

2019年1月20日 (日)

インフルエンザでダウンした母のが移ったかなー?

Dscn0376_3

9日は緊急往診でインフルエンザは陰性だったのに、11日に車椅子で混雑極まった病院へ出かけて4時間もかけて診てもらった後 念のために再度検査を受かたらなんと陽性になってしまって、ベッドの空きがないことは分かっていたが、(食事がとれず水も飲まなくなってしまって肺炎の恐れがあるのでと〉施設の方で頑張って午前中からあちこち聞いてもらったが夕方になってやっと見つかった病院へストレッチャーで担ぎ込んだ。そこの検査では点滴すれば施設へ帰って良いとの判定だったが、付き添いしていた私が今度は発熱ダウンしてしまった。施設にその旨電話したら、インフルを持ち込んでは困るので、面会禁止になってしまった。単に風邪だけなら良いのだが、今日は少し熱が下がったし、咳もくしゃみも少な果なったので、またクリニックへ行ってインフルの検査を受けてくる予定だ。まあこれだけ流行るとどこで拾ってくるか解らない上に、私は9日以来母にべったり付き添っていたから移ってもおかしくないのであります。

2019年1月17日 (木)

八重咲大輪種のツバキを探して撮影してきた。

ラジオ体操をさぼって久しく、今年初めて散歩して遊歩道脇の腰丈の生垣(500m位延々と続く団地の塀の代わりに植えられているのだが)の中から、探してこの見事な八重咲大輪種のツバキを撮影してきました。毎年そう思っているのだが、刈り込む剪定時期が悪いのか、ほとんど葉の陰に隠れて、この花が咲く場所は解っているので、私は見つけることができるけれども、ただ脇を歩いてもこの花を発見するのは困難なのであります。なので、地面に垂れて張っている枝を摘んで、並べて2輪を撮影してやったのであります

Dscn0373_2

2019年1月16日 (水)

北風吹きぬく寒い朝モー♪♪鉄塔上に人の姿がありました!

Dscn0364インフルエンザが激しく流行って母が昨日はいつもの病院がだめでいくつもの病院で断られて(施設の人たちが頑張って半日も)探しまくってやっと相模原で見つかって行って来たら、食事も水もとれない状態でしたが、医師の判断では11日の処方された薬が効いているからと、点滴と処方薬だけで帰されたのでした。

今日は私は杏林病院へ先週処方された薬の効き具合を検査されてきたのですが、やはり先生が「この病院でもベッドが空いていなくてインフルエンザ患者は入院できないでいる」と話していました。なので、インフルエンザにはこの時期かかってはいけないのであります。

.その帰り道で日当たり良くても北風冷たいのに、送電線鉄塔上に作業する人たちの姿を見て、もう見ただけでも足が震えてしまったのであります。
Dscn0365

2019年1月14日 (月)

屋内収納したハイビスカスと洋ランの蕾が競って伸びている

Img_0383

Img_0384
Img_0385
Img_0387

2019年1月13日 (日)

アンコウ鍋を食す!

Img_0382

昨日は施設へ行かず母の様態を電話で聞いたのだが、熱は下がったけれども食欲が落ちているらしいので心配している。私は母の発熱の連絡を受けて3日間通ったし、一昨日は特にびったりと付き添っていたし、検査結果が後で出たときにはインフルエンザ陽性だなんて知らなかったので、今日になって鼻水・くしゃみ連発でもしかしたら移ったかなーって❔今はちょっと心配している。昨日の朝一番に近くのスーパーの魚売り場で珍しくそこで捌いたアンコウが実に鮮度良くきれいな状態だったので、昨晩鍋にして食べたらこれは最高にうまかったのでしたが、母の食欲不振を尻目に、こちらだけご機嫌だったのがまずかったかなーって思ったりしているのであります。

2019年1月12日 (土)

インフルエンザが診察の最後には 陽性になっていました。

Dscn0356正月明け2日に入院したのは昨年でしたが、全く似た症状で昨日は施設から電話で病院へ受診させたいと連絡があり11時に立ち会ってきました。3日前に39度超える高熱出て緊急往診を受けた時の検査でインフルエンザは陰性だったが、その後熱は下がり食欲も少し良くなってはいたものの、母の呼吸時ヒューヒュー音がして酸素量が不足というのでした。今回は同じ病院でしたがもうベッドの空きがないから入院は不能と最初に言われて、Dscn0357 採血・レントゲン・心電図・吸入などやってから、最後に念のためインフルエンザ検査を再度やると言われて、待つこと15時過ぎまで、そしたらインフルエンザが陽性だって言われて、それまで待合室のベンチに大勢と一緒に車いすで長いこと待機していたのに、別の隔離場所へ移されたのでした。私は16時半に別のクリニックへ予約を入れてあったので、介護の人に後を託して そこから抜け出してしまいましたが、それまでの4時間忙しく働く看護師にどうなっているのかを聞くのもためらわれるほどの混雑ぶりに、彼女たちも応対に限界を超えて走り回っていたのでした。母が車いすからベッドに横になるよう勧められても、Dsn0354 断ってずーっとそのまま待機していられる程度に回復していたので良かったのですが、おそらく3日前の高熱でピークを越えたのだったのか、帰宅後施設に電話したら、別のフロアは立ち入り禁止になり、私たち夫婦にも翌日には見舞には来ない方が良いとのことでした。インフルエンザって目に見えないだけに、流行ると施設などでは高齢者が多くてかかりやすいから本当に大変なことになるんですね。

2019年1月 7日 (月)

ハイビスカス咲きます!

Img_0375Img_0374 部屋のエアコンを昼しかつけていないのに頑張って咲きます。次の蕾も待機中です。

2019年1月 6日 (日)

ハナキリン去年枯らしたので、花兄さんから里帰りさせてもらいました

Img_0372一昨年は団地の餅つき大会の時のビンゴの景品に2鉢を供出したくらいで、それこそ毎年あちこちに株分けしていたハナキリンが去年の植え替えに失敗してとぼれさせてしまったのでした。親父の代からなので何十年も咲かせ続けていた鉢だったので、残念な思いが残って居たのですが、昨日のブログ友達が私が分けて上げた鉢が開花したのをアップしていたので、その枝を刺して増えたら里帰りをとお願いしたところ、早速昨日のうちに届けてくれました。感謝してこちらからはレデボウリアソシアリスが蕾を付けているのを株分けして差し上げましたが、里帰りした三本の鉢を植え替えて2鉢にしたら、沢山根っこがあったので、きっともうすぐ蕾が出て咲いてくれると思うのであります。

2019年1月 5日 (土)

ベランダの外の鉢達

Dscn0328

モミジ葉ゼラニューム、濃い紅葉が秋口よりも鮮やかになっているし、蕾も沢山出てきている。
Dscn0329
ゼラニュームは緑の葉っぱがきれいに伸びて沢山蕾も出ているが、さすがに開花するには手間がかかっているけれども 先週切り花にした仏壇の花は今は満開になっている。
Dscn0330 イタリアンパセリは去年春先に苗を購入したのですが、何度も花が咲いたのにもかかわらず、立ち枯れせずに、(真夏に植えてさんざ利用した大葉に比べると、家内があんまり好きでないと採取しないせいもあって)この元気さは驚くほどなのであります。

2019年1月 4日 (金)

遅れて出てきた蕾を発見!

Dscf3132

シンビジュームは7鉢中2鉢、うち1鉢は開花して、もう1鉢もかなり開花寸前になっている。引越して4年目だが、ここ3年間前の団地の日当たりと変わってしまったのが影響したのか、洋ランが生育が悪くなってしまい毎年あれほど咲いてたのが、ほとんど壊滅状態になって、ほかの鉢植えも何種類もとぼれさせてしまっていた。オンシジュームはそんな中では元気に咲いてくれていて、一昨年から一年間に3回も咲いたので、これを株分けしてやったお宅では今はもう絶好調に咲いているのをブログで見せてくれていた。しかしそれなのに、我が家ではサイズダウンしたためか、蕾の気配が見えなかったのに、やっとヒョロヒョロのが伸びてきていた。
Dscf3133 デンドロなどはもっと悲惨で、去年やっと花芽が出たかと思ったら全部新芽に変わってしまい花は咲かずだったし、サイズもミニミニになってしまって、昔のシンビと競うほど背が高かった面影などみじんも感じさせてくれないのだが、これにもようやく何とか蕾になるかしらねども気配は見つかったのでした。

2019年1月 2日 (水)

元旦はお墓参りと施設の母とお節を一緒に食べてきました。

Dscn0312今年干支を迎えた母と施設で一緒にお節を食べてきました。風邪をひくこともなく無事に年越しできた母ですが、何歳になったか聞くと、60歳だよと冗談を言っていましたが、食欲もあって 身罷った父の話もすることなく、年末には施設で色々餅つき・年越しそばなど催しがあったことを話していました。

Dscn0318

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »