« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月30日 (火)

咳も高熱頭痛も収まったのだが、まだ足腰首肩に痛みが消えない

Dscn0025蜂窩織炎の診察では医師がこのまま薬で処方を続ければよいと言われたが、なんだか今一色が濃くなって触ると固くなっているように思ったりするのだが、咳がやっと収まってくれたので、これでやっと外出も自由にできるかと思ったのに、朝起きるときにベッドから立ち上がる時に両膝に痛みがあり首肩も硬くなってラジオ体操などできないくらいに体がガクガクシテふらつくのであります。9月25日ころから始まって、もう長くて本当にくたびれた感じです。昨日は杏林大学病院の入院時の担当医から電話あり「日医大からの退院申し送り書類に返事があって、12日の心臓血管外科の診察は日医大ではなくて杏林でやることになったから」との事、こちらの日医大では全然つれない扱いを受けているために、前からかかっている田村クリニックで風邪薬や咳止めを処方してもらっている旨話したが、杏林でももはや外来の方については退院した後はあんまりホローできないのではないかと感じてしまったのは、あちこち たらいまわしみたいに扱われたひがみ根性からなのでしょうか。一体今の痛みはどこからくるのかを、どこで教えてもらえるのでしょうか?Dscn0027 処方薬が沢山ありすぎ(まあ今回やっと咳止風邪薬は止められそうですが)どれが邪魔をしているのか解らない状態。

2018年10月29日 (月)

多摩市紅葉定点撮影スポットを車中から眺めてきた

Dscn0021まだベッドから起きるときに足膝に手を突いて立ち上がっているし、ラジオ体操をすると体が痛んで伸ばせないし、曲がらない、そして団地の3階までの階段を手すりを触りながら上り下りして息が切れ、咳をするとめまいがするので、咳自体の頻度はもうだいぶ遠くなっているんだが、1か月以上の長期引きこもりの後遺症が完全い治るまで 悲しいことに しばし釣りに行こうとも思えないのであります。
車でクリニックへの往復途中、見慣れた多摩市の紅葉スポットでも定点撮影位置まで行けずに車中撮影してきたのであります。

2018年10月28日 (日)

蜂窩織炎を施設の人からも説明された!

一ケ月苦しんだ発熱頭痛などから、ようやく最後になりそうな?しかし一週間も続いて苦しかった咳が止みそうになったので、昨日は施設へ移してはいけないので一日様子を見ていたが今日は咳も足腰のふらつきも収まったので、本当に長らく御無沙汰していた母の顔を観に家内と一緒に行ってきた。幸い向こうも元気でいてくれて、認知は相変わらずなのだが、私が久しく顔を観せていないことも解っていて、体調を心配してくれていたのだ。そしたらこの施設の係の人も、私の症状について調べてくれていてImg_0301 、「蜂窩織炎」の解説までしてくれたのでした。

2018年10月26日 (金)

咳止め薬1週間分が後2日分になったのだが、まだ全身痛むのです

朝起きるときに筋痛症でベッド脇に転がり落ちた去年の2月のようなことはないのだが、咳の苦しみは就寝中に全身をハンマーでたたかれ続けるようなもんだから、手の指・首から肩・腰から下半身、関節全部が痛くて ズボン下に足を通すのにも蹴躓いてそこら辺を転倒しそうなくらいに息が切れて、休み休み起床時間を長いこと掛けているのであります。もう先月25日からスタートした発熱頭痛騒ぎも一か月超えたので、咳さえ収まれば(かなり薬の効果で間遠くなっているのにもかかわらず)Dscn0366 もう回復できると思ったのに、今日も病院に行ったら咳している人がいたが、長くなりそうな気配にもうくたびれ果てた感じでまいっている。

2018年10月24日 (水)

咳止め薬が効きません!

Dscn0365先月25日以来(2日から11日まで入院を除く)ほぼ毎日引きこもり状態で、服用する薬の多さにまいってしまった。熱も下がって頭痛も(なくなったけれどもまだふらつくので)今は最後に咳が消えればもう完全に復活なのだが、これが咳止め薬を7日分もらってきて今日で3日目、なんだかもうえらい長い間服用している気がするのだが、咳で苦しんで体の節々も痛いし、山ほど飲んでいるのでもうアタママデおかしくなってしまった。早く咳が消えて外へ出かけたいのであります。

2018年10月23日 (火)

今月は体調不良だったので 明日こそ何とか咳が収まって欲しい

Dscn0019_2今月は2日に入院11日に退院したのに、その後も高熱や頭痛で不調は続き やっと熱は下がったが昨日も咳止薬を処方してもらってきて、終日咳が止まらないので、屋内にこもって外出せずに窓から見える団地内外のケヤキの紅葉などを撮影していた。本当に寝ているだけでもくたびれるし、高い熱で傷んだ体の節々がぎくしゃくするので、すっきり咳が消えて完全復活を明日は何とか果たしたいものであります。

2018年10月22日 (月)

クリニックへ咳止薬を処方してもらってきた。

Dscn0011先月から足の皮膚炎から始まって2日入院や11日退院しても その後も先週はまだ高熱や頭痛に悩まされていたのだが、やっと家内が「風邪の最後は咳になって それが収まればもうお終いなんだ」と言われて。今日はクリニックへ行って咳止めを処方してもらってきた。実に先月からなので本当に長かったので、入院した杏林大学病院や日医大永山病院の皮膚科・内科などあちこち受診したが  どこでどうなったのかが解らずに最後は通い慣れたクリニックの咳止めで もうこれで本当におしまいになってくれないと困るのだが。

まだ多摩の紅葉の名所は走りがちょびっと出始めていたが、カメラを持って景色を撮影したのもはるかに久しぶりになってしまって、まだ足元はふらつくし、息切れもするし 薬漬けの頭はまだ”もわーっとしている”のでありいます。

Dscn0018

2018年10月20日 (土)

苦しいときの神頼み???

Dscn0010_2 先月25日に発熱以来10月2日に杏林大学病院入院、11日退院して、直ぐに12日に日医大へ向こうからの申し送り書類持参して診てもらって来たのだが、その引継ぎがあんまりピットこない感じでした。長く診てもらっていた前からの担当医が先月転勤してしまったこともあったのだろうが、症状についても又もや高熱が再発してしまい、今日までダウンしていた。まだ熱が下がっただけで頭痛が消えていないのがいやらしいのだが、原因がはっきりしないのが一番困るのであります。

2018年10月15日 (月)

ホトトギス

Dscn0001団地内の垣根の上に頭を出して咲いている。Dscn0003 団地の草刈りでは低木の植え込みの下まで刈れないので、自然に増えているのだ。

2018年10月14日 (日)

高熱・crp値高騰してダウン、11日ようやく退院してきた。

Img_0301_2日医大内科で深部静脈血栓は流れているので大丈夫と云われたが、皮膚科では炎症(かかとや土踏まずが痛かったので)を抑えるための弾性ストッキングや抗生剤を処方されていたのに ハゼ釣りに浦安から横浜、川崎鶴見など電車で歩いてさ迷っていた時に、無理したのだろう、その後何日も高熱とCRP値が高騰して杏林大学病院へ筋痛症のステロイドを処方してもらっているので、そちらで2度も受診したが、二度目に緊急入院となって、11日まで抗生剤の点滴を受けてきたのだった。やっと足の真っ黒くなった皮膚の炎症が薄れてきたが、まだ抗生剤の処方は続けていて、加えて右足下部の血栓はOKだったのに、膝より上に血栓が見つかって、こちらの血液サラサラの薬が増えてしまった。しばらく養生しないと釣りへ行けないのであります。とほほ(泣き)

2018年10月11日 (木)

ガステリア開花していました。

Dscn0360台風24号が通過したころにベッドで連日高熱・CRP値が高くてダウンしていて、杏林大学病院へ一度受診検査を受けたが処方薬では効かず2日に再度受診したらDscn0361緊急入院となったのでした。今日はやっと午前中に退院帰宅したら、これが夏列歓迎して咲いていてくれました。

2018年10月 1日 (月)

耐風24号の爪痕。

Img_0299昨晩の猛烈な風雨が予報通り朝は抜けていったので、カーテンを開けたら北側の棟の屋根が被害を受けていた。わが家も同じ中層棟で同じ団地内の他の3階建てには被害がなかったようなので、なぜか風が巻いてこんな瓦を巻き上げて行ったのだ。Img_0298 しかし今では瓦の同一仕様の色も無いから購入できないので、何とか引っ剥がされてはいるが吹き飛んでなくならずにそのまま残ってくれているだけでもありがたいのであります。こんなのが飛ばされて来たらどんな強化ガラスでももたないでしょうから。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »