« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月26日 (水)

ガステリアに蕾発見!

Img_0297

雨降ってもベランダで雨がかからない鉢に 久しぶりに水やりしていたら蕾を発見!これが前に咲いたのは去年5月だったのに、いったい花咲く時期はどうなっているのだろうか?今年夏前にはこれに似た蕾の形の多肉植物アロエの不夜城が伸びてきたのに、なぜかとぼれてしまっていた。その鉢を先日根っこを引き抜いて見たら、すごい状態に鉢底まで行きついて反転して何重にも重なって、ほとんど用土がなくなっているくらいだったのでした。このガステリアも鉢の根元にいっぱい子供が増えてしまっていたので、本体だけに周囲のをはがしてやったんですが、またもやこんなに出てきているのです。上に繁茂しすぎれば鉢の中の根っこも多分同じように増えているだろうと思うので、花が終わったらまたチェック整理してやらなければならないと思っているのであります。

2018年9月25日 (火)

金木犀が咲いている

Dscn0468このところハゼ釣りに夢中になっていたのだが、何日前か朝出がけに団地の植え込みに咲き出したのを発見!この香りは私は大好きなんで、毎回枝を摘んで花瓶に刺して家にも飾るのですが、なぜか香りが漂っていなかったのでした。しかし翌朝家内を乗せて出かける時に「俺は鼻が悪くなったのだろうか、そばを通っても香らない」なんて言いながら歩いたら、「ちゃんと匂いがするよ!」と言われて、開花して一日経って沢山花が咲いたら 私にも確かに香りがやっと届いてきたのでした。

2018年9月24日 (月)

ハゼ釣り横浜3度目はボーズ

Dscn0358柳の下はまだ天ぷらサイズを確保できたんですが、三度目は正直で またいつものボーズに戻ってしまったのでした。遠路小田急線・相鉄線・みなとみらい線乗り継いで、横浜スタジアム前の日本大通りには催し会場設営中の混雑を潜り抜けてビル地下で解りにくい釣餌店に寄ってから その後市内を馬車道駅まで歩いて戻って、Dscn0355 みなと横浜のウッドデッキに到着。しかし対岸の釣り人も先に竿を出していた親子Dscn0357 にも、この前私が竿を出したときの感じとは全然違っていて、まるきり食ってこないのでした。海水が緑色に濁って底が見えず、へちの足元にわずかに姿が見られたんですが、餌を落としても反応なし。一度竿を出したが見きって、この前の上流の場所まで歩いて移動しました。その途中にハゼ釣りblogや住吉会のメンバーの書き込みで聞いていた超有名のお風呂屋さん前には先週300も釣ったという猛者常連2名が凄いきれいな竹竿など出していましたが、聞けば当たりがないそうで、私は河口もダメだったと告げましたが、見れば水面を漂うアカエイが何匹も群れて通り過ぎ、そのほかボラやウグイなども緑一色の表面を泳ぎ回っているのがやけにくっきり見えていました。この前の釣った場所まで移動を繰り返してちょい投げて見ましたが、まったくノーバイト。この様子ではさすがに集まった地元の常連達(この前自転車で通りがかってポイントなど教えてくれた方だったんですが)も竿を出すこともなく、立ち話をしているだけでした。まだ昼過ぎで、餌は買ったばかりなので思い切って錦糸町に移動しようと思い帰路は横須賀線からの湘南新宿ラインに乗ったんですが、「待てよ、この食いの悪さは、何処も同じなんてことになったら (静脈瘤の足も痛いし)無駄足になる」と新宿から京王線で帰宅しました。ハゼを求めて東へ西へ、電車で飛び回っているのですが、まあそんなに簡単には釣らせてもらえないんです。今回は私の腕が悪くてダメだった訳だけではないことが解りました。たかがハゼ されどハゼ turenai私なのであります。

2018年9月19日 (水)

キノコがあちこちいっぱい生えていますが

Dscn0465_2雨が降ってどこに行っても色んな種類のキノコが沢山出ています。昨日はTV局からニュースの予告なのか、メールが来て、「私のブログを観たので(アップしたのはずいぶん前だったんですが)その写真を使わせて欲しい。三重県で中毒で死んだ事故があったので、危険だから今現在あちこちに沢山発生しているのを報じたいのだ」との事でした。

Dscn0463_2 そのキノコはクロハツモドキでしたが解説者がこの毒は心臓などの筋肉を破壊して死に至るのだと話していました。私も何年か前に黄色タマゴタケを食べた後、うまかったと電話したらキノコの会長さんから「食べてしまってから下痢嘔吐をすると、お医者様でも治せず薬もないので後は死ぬのを待つのみだ」と紛らわしいのがるからと言って注意されて、その後2週間恐怖の日々を過ごしたことがありました。以来道端で私が採取している時に「何を採っているのか」聞かれると、「命を懸けて食べているのです!」と答えているのであります。

2018年9月17日 (月)

ハゼ釣り 今日は通りかかった人からかなり声をかけてくれました!

Dscn0344

多摩を朝出発5時だったのに川崎(ここでは北口か駅から出て見たのですが、とにかく餌屋を探す気力を失うほどの広大なコンコースにあきらめたのでした)・鶴見(餌屋の場所も知っていたんですが、毎年通っている神明丸に顔を出して鶴見川の釣れ具合を聞いたりしたので)で寄って餌を購入し、その後でまた慣れない京浜急行の急行の乗り継ぎミスもあって、横浜の前回の場所に着いたのは遅くなってしまいました。結果的に昼過ぎまで粘ったんですがようやく35匹で、型は前回を越えられませんでした。地元の人も昨日から食いが落ちているというような感じでしたが、こっちは滅多に遠征しないのだから、頑張ってアオイソメの餌が全部なくなるまで竿も針も仕掛けもとっかえひっかえしましたが、これがまあ私の今の実力なんでしょう!Dscn0337

2018年9月16日 (日)

雨後のキノコ大量発生!

Img_0277

巨大サイズと可愛いのも含めてヤマドリタケモドキを大量に収穫!
アカヤマドリも今年はすでに一度かなりの良型を採ってきているんですがまた出ていました。

2018年9月15日 (土)

ハゼ天ぷらを美味しくいただきました。

Dscn0326一昨日釣ってきたハゼの天ぷらを昨夜おいしくいただきました。このハゼ釣りでさんざ歩き回ってくたびれて、足が痛んだので、医師から指示された足の静脈瘤対策のストッキングDscn0328 が昨日着いたので、着装しました。ただし、注意書きには就眠時は外せと書いてありました。

そして一昨日いくつか根がかりでロストしたハゼ釣り用の仕掛け作りは老眼乱視なのでハリスDscn0329 自動巻き器で準備しました。

2018年9月14日 (金)

ハゼを求めて東に西に!天ぷらネタ何とか確保!

https://youtu.be/VhfQbK2MRRQDscn0324

朝6時半多摩を出発 浦安・境川で型が良いのが上がっているとブログで観たので遠征し河口までさんざ歩いてきたが全然ダメだったから、昼前に場所を思い切り移動して横浜へ向かった。こちらでやっとてんぷらネタを確保してこれた。前日支度をした地獄針と、ちょい投げ用の自作改造竹竿が有効に使えた。この前の江戸川放水路でのミニサイズに比べて、地元の自転車で通りかかった釣り人がどこでも釣れるとポイントを教えてくれた通りに
元気よく食ってくるハゼはDscn0318 どれもほぼほぼ良型だったので、さんざ歩き回って右足の静脈瘤で傷む足も忘れて帰宅が夕飯に間に合うまで頑張ってきたのでした。

2018年9月12日 (水)

Img_0273ゼラニュームとモミジバゼラニュームとハイビスカス、そして朝顔が連日にぎやかに咲き続けてくれていたので、仏壇に飾る花を切らすことがなくいたのだが、さすがに越冬して春からずーっと長かったゼラニュームが 葉がくたびれて変色してしまい蕾が見えなくなった。この前これを切り戻してやって強烈剪定してやったら、今朝見たら新しい元気な蕾が出てきてくれた。これに倣って、やはりモミジバゼラニュームも蕾が見えなくなっているので、根元から切り戻して鉢・用土も換えて植え替えてやった。
Img_0275 アサガオは完全に青い花の2鉢は終わってしまったので、枯れ枝葉を片付けていたら、今朝は赤花曜白がミニサイズだが沢山最後の名残に咲いていたので、5輪をまとめて仏壇に飾ってやった。
Img_0274 ハイビスカスもまだ蕾は残っているのだが、残念ながら林立している枝が沢山あるのに新しい蕾が見つからない。この夏には前に一度、背が高く伸びたらなぜか蕾が付かないことが解ったので、切り戻して蕾の付く高さへ切りそろえてやったのだが、また同じ高さにまで伸びきってしまった。毎年越冬させるために屋内収納しているのだが、その間も結構花が咲くので、少しまた切り戻しをしてやろうと思っている。

2018年9月11日 (火)

アサガオ日記、終末宣言

Dscn0268台風にもまれて葉も傷んで、細くなった先端部に花もミニサイズに寂しくなってしまった。前には10月までも長く咲かせたこともあったのだが、今年はもう新たな枝も見当たらないので、もうおしまいにする。種を採取しようと思ったら、Dscn0269 変化咲した花には印をつけて置いたのでこれを採取出来たが、後は花柄を毎日こまめに摘んでやったので、種が膨らんで残っているのがほとんど見当たらなかった。今年の朝顔種まきは最初発芽は20以上も出てきたのに、水やりで根が浮いてしまって、着床できずに三本しか鉢に植えられず、その1本も枯らしてしまって 曜白の赤は苗を購入してきたものだったから、その後の花咲き具合を考えると、来年種を蒔くのもどうしようかと思うようになった。

2018年9月 8日 (土)

江戸川放水路ボートでハゼ釣り、雨降らなかったが強風で不調!

Img_0265https://youtu.be/O-yog0p_rgM、

ハゼの天ぷらにするには無理無理のサイズを10匹ちょっとようやっと確保してきたが、全部で83匹、型も小さく、雨はポチポチとしかも濡れるほどには降らずに済んだが、ボートのアンカーが効かなくなるほど強風に竿が安定せず投げ・ミャク・テンからなどの竿を試してきたが 不満足の釣果だった。Img_0263

2018年9月 6日 (木)

強烈台風21号猛スピード通過したので、久しぶり母に遭ってきた

Dscn0428各地に強烈な被害を巻き散らかして去って行った21号台風、こちらでも四国・関西・北陸・北海道を猛スピードで駆け抜けていく間、テレビで大変だってハラハラ見てはいたが、最初は距離が離れているのでと思うほど遠くに感じていたが、それが一昨日昨日は猛烈な吹き降りに恐ろしくて外へ出ようとはとても思えない状況だった。
そんな中、真夜中に地震の足首からの出血で救急車を呼ぶような騒ぎを起こして、病院通いを連日していたので、母の施設には顔を見せることもできずにいた。昨日はようやく静脈瘤の診断後、ストッキングで手当てをする方針がはっきりとしたので、久しぶりに梨と葡萄を持参して顔を観てきた。Dscn0430
御蔭様にて、母は施設の催しものにほとんどどれにも参加していて、昨日も部屋に不在だったら、係の人が「1階のフラワーアレンジメントに行っています」と教えてくれたので、もう片付け中だったが、作品と一緒に写真を撮ってきた。
部屋はレイアウトを前から変更することになっていたのだが、やっと簡易トイレを設置し(同じ部屋の中だが普段は車椅子で移動することになっていても、係の人が来るのを待てずに自身で歩いて何度も転倒していたので)トイレに行かずに済むように替えてくれた。

施設は台風にも全然不安を感じさせない設備なので、加えて本人はテレビを見ようが、部屋のレイアウトが替わろうが、今なにしたのかも記憶にないのだが、お蔭さまにて悲しんだり苦しんだりすることなく過ごしてくれているので、これが当方には実にありがたく感謝しているのであります。昨日も帰ってきてから「私らにはとても入居できない施設だ」って家内とも話しているのだが、

2018年9月 5日 (水)

下肢静脈瘤対策にストッキング使用開始!

Dscn0236出血した下肢静脈瘤対策に16年前脳膜髄炎で下肢深部静脈血栓で買っていたが使用しなかったストッキングを持ち出して来た。あの時4か月も入院した後 不定期的に夜間足が攣ったり 顕著なむくみということはあったが、その対策で使うように買ったものだったが、今回足首辺から出血するまで 高をくくっていたので、その付けが回ってきた感じかなー?生活習慣病の体重の重すぎるのが影響するので メタボ対策に禁酒を始めた。アル中ではないことを証明して足がどれだけ治るか、実証実験するのであります。

2018年9月 3日 (月)

エアコン交換、台風で設置ができるかどうかだったが、

Dscn0227通販のエアコン祭りだと言うセールに注文したら、まだ残暑厳しいためか送られてきたメールで設置予定日になっていた31日には終日待ちぼうけ食わされて、来ないからと照会の電話を何度もしたのに、やっと回答が来たら「事務連絡が予定に載せてなかった」旨の言い訳で、結局今日の日程になったのでした。Dscn0223 そして雨が降ると設置場所がベランダのひさしの下に置く場合でも、電線接続に危険なケースもあるので、実地に確認しないとだめかもしれないと言われた。ラジオ体操へ行った時間には雨が降っていたが、業者が来たときはおかげ様にて雨が上がってくれたので昼までの半日で設置をしてくれた。

2018年9月 2日 (日)

足の皮膚に浮かんでいる血管から出血sitanodaga!

前に皮膚科で処方してもらって塗っていた保湿剤を、クリニックで種類が違うのに換えてもらったら、足の皮膚に斑点が拡がって それがどす黒く変色血管が浮き上がって見える箇所が何か所も出てしまった。Dscn0216 2週間前ごろには昼寝して起きようとしたら 右足首内側から何もしていないのに、突然絨毯もタオルも血みどろになるほど出血した。それに加えて右足かかとと土踏まずに歩くたびに痛みが出てきて消えなかったので、セカンドオピニオンで日医大内科受診して、昔の大病した後遺症の深部静脈血栓のチェックをしてもらったらエコー検査ではそちらはなんともなくて、皮膚科へ紹介状を書いてもらって受診した。足裏の痛みに対して抗生物質など処方され服用して1週間、また受診したが同じ薬を継続するように処方されていたのだが、昨夜は夜中にトイレに起きたら突然今度は足首の外側の肌が黒ずんでいる箇所から、激しく出血して、壁から床絨毯マットなど辺り一面に血みどろになってしまって、指で圧迫して止血してもなかなか止まらず、家内が救急車を呼んで、日医大の救命処置を受ける始末になってしまった。幸い救急車で応急処置されて担ぎ込まれた病院では その時には止血していたので、それでもう大丈夫か確認してもらっただけなのだが、しかしなぜ出血するのか原因が解らず対策も立てられなくて困っているのです。Dscn0217

2018年9月 1日 (土)

アサガオ日記 9月1日

Img_0262先に咲き出していた曜白(赤)はさすがに花数も減ってサイズダウンしているが、青はやっと元気が出てきているのだが、種は同じなのに2本から斑入りや単色の濃い青などバラつきが出ている。サフランモドキもなぜか今頃になって次々に咲き出している。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »