« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月)

朝顔日記、曜白赤が変化咲きした!

Dscn0296天井にまで届いて繁茂した曜白赤は沢山咲き出している。ほとんどが丸い普通の花の咲き方なのに、なぜか根元に花びらが絡みついて変形Dscn0288 しているのが出てきた。この左の2鉢の青も背が伸びて来て、蕾もようやく頭を見せてきているので8月本番にはコラボでにぎやかに見せてくれそうです。Dscn0290

2018年7月28日 (土)

ハゼ釣り名人に横十間川で遭遇、沢山分けていただきました。

Dscn0173_2台風が何やらおかしな方向から接近中なので、週末はだめなので、この前ミニサイズ20匹しか釣れずにダメだった横十間川へ再挑戦してきた。この前は餌のアオイソメがいつもの餌屋が引っ越してしまってダメだったので、行く電車の途中で他の店に寄るか、それとも江戸川のボート屋へ行先を変更するかなんて迷ったのだが、結局手持ちのホタテ餌でこの前釣れるには釣れたので、もう少し技の研究をしようと思って、前回の始めた場所より下流を探して歩いた。高速道路の橋の下ではハゼが見えたが、その群れが足音に反応して散って行ってしまったので、竿を出したが食いはいまいちだった。なので なおも下流へ移動したら竿を出している人が一人いて、近間で餌を買える店について教えてもらったが、その人も始めたばかりであんまり釣れていなかったのでホタテで最後まで試してみようと、去年孫たちと釣った底の見える大島橋まで歩いて行った。そしたら去年暮れに横十間川の住吉会の名人でこの場所で色々釣り方を指導してもらった雨男さんと遭遇、見せて貰ったブクブクの青いバケツにはすでに中が真っ黒になっていたのでした。釣り方は竿を振ると瞬発に合わせて、手繰った魚はその下のバケツにストンと落としてまた釣るスタイル。やはり同じホタテを餌で、シモリ仕掛けでしたが、さすがに手返しの速さは別物の名人技は違いました。バケツを覗き込んで驚いて声をかけた通りがかりの人に曰く「ハゼ10匹は誰でも釣れるが 100匹はなかなか腕の差が出るつりなんです」そしてもう今日はこれまでと引き上げる時に、傷まぬように大事に扱ったので元気に泳いでいたハゼの沢山入ったバケツを川に空けてリーリースしようとしたので、お願いして分けてもらったんですが、そしたら天ぷらサイズのヒネだけを選択してくれると言うので、恐縮ながら私は目刺しにして南蛮漬けなどで食べますのでと、名人は大きくなってまたおいでというスタイルなのにミニサイズまで頂いてきてしまったのでした。なお、シモリ仕掛けの送り込み合わせの捌き方や餌のホタテの針に付けるときのノウハウもご指導いただきました。沢山いただいたので、しばらくミニサイズの追加をしたものの、大量のハゼを捌かなくてはならないので、もう昼前に片付けて切り上げて帰宅しました。Dscn0174 目刺しを網に干して、てんぷらネタのヒネハゼを骨も唐揚げ骨せんべいでおいしくいただきました。

2018年7月24日 (火)

ガングリオン!知らなかったなー!

Dscn0275病名は劇画漫画のネーミングみたいでした。5月に右の人差し指に発生して以来、近くのクリニックで4回受診したが治らず 今回はそこから日医大病院皮膚科へ紹介状を書いてもらって 受診してきたらそういわれたのでした。関節の中からゼリー状の液が飛び出してきていたのでした。

2018年7月23日 (月)

朝採野菜、農家直販 鮮度良く旨し!

Dscn0272_4 6時に行ったのでは並んだ皆が買ってしまって手に入れられない農家の直販店へ今朝やっと残ったナスを買ってきた。しかしその主人が言うには「この猛暑でキュウリのてっぺんまで枯れてしまい、ピーマンも表面が焼けてしまってもう駄目だ」と言われた。この後ラジオ体操へ参加したら、そこに一日おきに軽自動車で農家のおばさんが直販に来るので、そちらではキュウリとピーマンを買うことができた。同じエリアなのに、農家の畑の作付け時期や種類が違うのか、こちらはまだ大丈夫だったのだ。

Dscn0271 カブトムシを今朝はまた♂♀そろって採取してきた。

2018年7月22日 (日)

カブトムシ不在で帰り道にミョウガの花を発見

Dscn0267今朝はいつもの場所へ行ってきたんですが、樹液にたかるカナブン他しか会えずに、キノコも無いわけではない程度で写真も撮れずにラジオ体操の後帰り道に、Dscn0270 ミョウガの白い花を見つけてちょっとだけ頂いてきました。

2018年7月21日 (土)

横十間川半年ぶりにヒネ狙いしたら全然アウトでした。

Dscn0168 この7月はハゼ釣っている人は皆100匹以上なんてブログなどに書いているので、孫を夏休になったら連れて行こうと約束したので、下見兼準備に行ってきた。しかし猛暑で汗みどろの15時に家を出てエアコンが効いた電車で16時過ぎに着いた錦糸町駅 西日が厚いアスファルトを歩いて餌を買いに行った釣具店が廃止になっていて、仕方がないのでスーパーでベビーホタテを購入してやってきた。なぜか凄い強風が止まずに、川面にさざ波が立ち、竿先が煽られて持っていかれるほどで、竿を安定させるのに苦労するほどだった。Dscn0167 ハゼははっきり食うのだが、当たりが出るときにはもう餌を取られてしまう感じで、釣ってみると針がでかいので針掛かりしないのだと、こちらの狙いはヒネサイズなので、これは難しいと思った。場所を替え 竿も長竿に換え 錘も色々 天秤から誘導胴付き 針も2本にしてみたりなど試してみたが、サイズは風邪にたなびくサイズばかり。通りがかりの人が「朝のうちの方が食うし、もう少し秋口になればサイズアップする」と声をかけてくれたが,残念ながら足元が暗くなる前に辞めて、下調べは終了!結局22匹、目刺しにして一夜干しして今朝は焙ってからまたネットに干して、南蛮漬け用にしました。
サイズがちょっとこれでは悲しすぎるので、今度は江戸前の釣行は電車・川ではなくて、海へ車で連れて行こうかと作戦変更しようと思った。

2018年7月20日 (金)

カブトムシ3匹孫へプレゼントに届けてきた。

Img_0171毎年クヌギの大木の樹液に集まってくる虫たちの中に、カブトムシがたかっているのを採取しては孫たちに分けてやっているのだが、今年は猛暑の為かその樹液が全然見えなくて、何度も通ったのに今までは遭遇することはなかった。一気に今朝は3匹居たので鈴虫の籠(メスだけになってしまったので空けてやって)に入れて届けてきた。

2018年7月19日 (木)

キノコパトロールで初めてのと遭遇

Dscn0259天狗タケの種類は似ていて非なるものが多くて、イグチと同じくなかなか同定しにくいのだが、今朝のヘビキノコモドキDscn0260 は割合見分けが出来たのでした。

毎年沢山採取しているヤマドリタケモドキが今年は残念ながらなかなか見つからず、カラカラの林の中にようやく並んで出ていたのを見つけたが、Dscn0257 もうカビと虫にやられてしまって手を出せずでしたが、別の場所・苔の公園にようやく1本Dscn0258 だけきれいな形のを発見。これは早速今朝の味噌汁の具にしました。

2018年7月18日 (水)

真夏の復活劇場

Dscn0255 西日に焼かれて猛暑で枯れて汚くちじれてしまったミセバヤの鉢を片付けようと、鋏で枝葉を切り刻んでいたら、根元に新芽を発見!もとは20年も前に群馬の山の石垣に咲いていた枝を一本持ち帰って植えたのが始まりなので、野生の強さを知っていたが、これで又復活してくれるかなー!
今年はすでにハナキリンや長生蘭などをダメにしたが、去年も長く育てて毎年咲かせていた葉ボタン・ミニバラを強烈剪定し過ぎで枯らしてしまっていた。引越による環境変化でシンビジュームやデンドロも、それまで毎年咲かせていたのが バルブの出方や花が少なくなったので、そういう影響がこれら長く育てていた他のものにも、現れたのかとも思っていた。しかしDscn0249 アマビレはもう太くて長いバルブがなくなっているので、完全にもう駄目かと思っていたら、やっと根元に新芽の気配が出てきていた。
 引越後なぜかDscn0250 桜ランはむしろ驚くくらいに何度も咲いて花数の量も凄かった。そんな勢いを信じて挿し木で増やして友達に株を分けてやったりしたので、この冬にも枝を株分けしていくつも鉢を増やしたら、これは時期的にまずかったので、全滅してしまった。急遽改めてもう一本枝を挿し木にしたのが、今回新芽を伸ばし始めていた。

2018年7月16日 (月)

久しぶりにキノコが出ていた。

Dscn0237西日本豪雨災害の後、カラカラだった関東にも雨が2度も降ったし猛暑の中ラジオ体操の後キノコパトロールをしてきたら、Dscn0231 ヤマドリタケモドキはミニサイズ1本だけだったが、アシベニイグチとウスキテングタケDscn0241 ・シロオニタケなど発見してきた。

2018年7月15日 (日)

朝顔とハイビスカスが競演し始めた!

Dscn0230今年は我が家は新盆なのだが、お寺さんに旧盆の日程で申し込んだ。仏壇に飾る花は、今ハイビスカスが連続して咲き出しているし、朝顔も大輪種の曜白赤が同じく連日咲いているので、それに種から蒔いた2鉢も足元に伸び始めているので、仏壇飾りには切れ目の心配がなくなった。

2018年7月14日 (土)

ハイビスカス剪定

Dscn0228この頃ようやく連続して咲き出したのですが、鉢を外に出してから、枝の先端部の葉が穴が開いたりよじれたりしていたので、咲いた花が繁茂した枝葉に隠れてしますので、Dscn0225 蕾の高さ以上には咲かないと解ったので、思い切ってDscn0227 剪定してやりました。

2018年7月13日 (金)

20180712湾フグ白子入り一郎丸

Dscn0156やっとボーズ脱出の図です。悲しい釣果に漁師からタコを生きたまんまのを買って帰ってきました。Dscn0164

https://youtu.be/EzLef5DGPlg

2018年7月10日 (火)

ハスの花が咲きだした!

Dscn0213ショートパンツで行ったからなのだが、今年初めてラジオ体操で蚊に食われた。雨が先日やっと降ったので、帰り道にキノコパトロールであちこち見て回ったが、いつも出る苔の林の公園には全然気配もなくて、噴水池で蓮の花が咲きだしたのを眺めて、別の団地の山椒の樹の実Dscn0220 が少し色づきだしたのを採取してきた。

2018年7月 8日 (日)

鈴虫がメスだけになってしまった!

Dscn0222_2 買ってきたときには虫かごに入っていたのは♂♀ペアで4匹居たのに、家内が昨日「鳴き声が全然しないじゃないの!」というので、見たら二匹ともメスだった。キュウリとトマトしかやらなかったので、動物性蛋白不足して、種の保存のために、メスに食べられてしまったのでしょうか?左は卵管が見えるメスで、右のはこすり合わせる羽根が大きくて丸くなっているでしょう...この写真を撮った時には、その日も翌日も鳴き声がしていたのを確認していたのだが、昨日からは全く鳴き声がしませんでした。そりゃーメスだけではだめだよねー!

2018年7月 4日 (水)

風が強くてハゼ釣りにはいけないのだが

Dscn0217釣船は東京湾でも出ているみたいだけれど、台風の影響で多摩でも連日風が強くて、なかなか釣りへ行く気になれずにいる。ただ今朝はラジオ体操の道すがら足元に蟻がビッシリたかって別の色に変色して悶えているミミズを発見、(これはウナギ釣り用の餌になるのだが、そちらは狙いものにするにはポイント探しも釣りの段取りも大変なのであきらめて)ハゼ釣り用に拾い集めて確保してきたら、結構盛り上がるほどになった。コマセ用の餌をこんだけ準備したから、今日も風があるが、また明日からは雨になるみたいなので、思い切って出かけてこようかなーっと、考え中!

2018年7月 3日 (火)

風蘭・ハイビスカス咲く!ベランダに訪問者一匹!

Dscn0216風蘭が今年も咲いたが、もう一鉢は新芽ばかり伸びて蕾が出なかった。ハイビスカスは越冬を屋内収納していたので春先まで咲き続けていたし、屋外に出してもこの前はいくつか連続して咲き続けていたのですが、猛暑の始まった先月中休みしていたのでした。そしてこの頃ようやく蕾がいくつも見えてきていました。朝顔は鉢を置いてネットをかけた位置が日照不足気味なので、やっとこ蕾の気配が出てきた感じなんです。そんなベランダへ一匹コクワガタの♀Dscn0212 かな?訪問者あり。今年は雨が少なくてキノコも少ないが、カブトムシもまだパトロールに行っていません。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »