« キノコのシーズン・イン | トップページ | アベノミクスを問うと云ったが、戦争法案なんて誰も支持していない »

2015年6月28日 (日)

金田湾ボートで息子とキス釣りへ

手こぎボートで金田湾は今年で4年目だが、まだ一度も満足できる釣りには会えない。今度は西伊豆田子へ息子が2級免許取得したので船外機を予約して出かける予定が、向こうの船の故障でドタキャンになって、急きょ設計変更して、浜浦へ出かけた。前日の天気予報では雨や風でボートが出るかどうか難しかったので、電話しても朝の様子でとの返事だった。その分週末だったのに道路は空いていたので、店には一番乗りして、航路の先まで向かって漕ぎだした。雨が上がって風もなく釣りもまあまあ良型も混ざって当たりだしていたが、流れる海藻やクラゲがすごくなって当たりが遠くなったので、沖のいけすの方まで探しに漕ぎだした。しかし回りを観ても当たりがなかなか出ない時間が過ぎた後、岸寄りのいくつか船が動かないのを観てそちらへ大きく漕ぎ戻った。予報では11時ころには南の風が強風になって波も出るとのことだったので、早く岸に帰れるようにと移動したのだった。しかし風も出ずに凪の海で、私が竿先を折ったり、もう一本のヒトツテンヤの方は根がかりで仕掛けとリーダーごと切断してしまい不調になってしまったのに、息子はルアーを振ったり根を鯖餌胴付きで狙ってみたりしていたが、場所替えしたところでボートを流しながら釣ったのが良かったのか、イイダコ・フグ・イワシなどを加えて、メゴチ・良い型のキスで5目達成して沢山釣ったらさばくのが大変と、昼に風の来ないうちにと早上がりして、港の市場でサザエを土産に買って帰ってきたら、道路も朝の往路の倍かかったけれどまあ順調に帰れて14時半過ぎに帰着、一番簡単なキスの塩焼きを晩飯で食べたらプックラと抱卵をしていて身離れ最高で美味かったでした。調理には程よい量は少なめでしたが、メゴチもサイズの小さなキスも天ぷらから揚げで今日はいただきます。

« キノコのシーズン・イン | トップページ | アベノミクスを問うと云ったが、戦争法案なんて誰も支持していない »

海釣専科」カテゴリの記事

コメント

釣れない日記は続くのであります。
https://www.youtube.com/watch?v=bgjCh5q5L1M

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98492/61804789

この記事へのトラックバック一覧です: 金田湾ボートで息子とキス釣りへ:

« キノコのシーズン・イン | トップページ | アベノミクスを問うと云ったが、戦争法案なんて誰も支持していない »