フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

« 今年の夏入院手術をした叔父を見舞いに寄ってきた | トップページ | 孫を公園で遊ばせる »

2008年11月 3日 (月)

瑞がき山の「がき」は難しい字なのだ。

Sp1030491 岩山の直ぐ側なので落ちてきそうなくらいに飛び出してニョキニョキしている。手前の白樺や唐松がきれいに紅葉して、コントラストがなんだか驚かされる感じがする。だけど本当に植樹祭で天皇陛下がこられたお陰で、こんなに奥まで道や駐車場や公園まで整備されたのは地元にとっては大いに幸いだったのだろうなー。

« 今年の夏入院手術をした叔父を見舞いに寄ってきた | トップページ | 孫を公園で遊ばせる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たらちゃんさん コメント サンクス!昔のトラックであの坂を奥に入ったのではきっと大変だったでしょうね。私も小学生の時に上高地に行っているのですが、バスも木炭車で配給の米を持参しての旅行だったので、親父の話ではずいぶん大変な道中だったそうです。信じられないでしょうけれど、今では瑞がき山まで須玉ICを降りると30分で行けますよ。ただし渋滞しなければですが。行けばせっかくなので三分一湧水で目いっぱい水をタンクに汲んでくることをお勧めいたしますです。

みずがき山は小学生の頃登りました。
韮崎から増富温泉までバスで行き、そこから小さなトラックに乗って登山口まで行ったように記憶しています。
下山後に泊まった増富温泉は「ラジュウム泉」。
今度は登山抜きでのんびり泊まってみたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞がき山の「がき」は難しい字なのだ。:

« 今年の夏入院手術をした叔父を見舞いに寄ってきた | トップページ | 孫を公園で遊ばせる »