フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

2019年5月23日 (木)

赤いブラシとハチクとスイカズラに熊蜂

もう半袖でも日向を避けて木陰を歩く方が気持ちがいいくらいな暑い日になってきました。

Dscn0688 青空にブラシの花が輝いていました。

Dscn0685 熊蜂が香りに誘われてスイカズラに何匹も飛んできていました。

Dscn0683 朝はハチクの状態をチェックしてきました。

2019年5月22日 (水)

ベランダ園芸・葉物植え替え

Dscf3466 越年したイタリアンパセリがプランターに繁茂していて、(去年から繰り返して何度も収穫したのに、今も塔がたって花を咲かせているのだが)今もって元気な状態をキープしているが、さすがに脇へ挿し木をしたゼラニュームなどの育ちが悪いので、一気に用土をひっくり返してDscf3480 Dscf3482

根っこを整理した。見れば プランターの表面から底にまでびっしりと全体に根っこが回って、太い幹は丸で樹のような凄い状態だった。Dscf3481

プランターに新調した培養土に石灰を混ぜて入れてから、パクチー2株とイタリアンパセリの脇芽の根が付いているのを2株植えつけた。

2019年5月21日 (火)

忍冬酒を去年は作って飲んだんだけど!

Dscf3478 Dscf3479 スイカズラが遊歩道脇や里山の藪であちこちに沢山咲いている。ネットで検索したら、これは漢方薬に使われていて、有名なのは金銀花酒・忍冬酒として家康が愛飲したのだそうだ。去年はこれを見てから(小さい花だから100g集めるのは大変な数を収集したのだが)焼酎に漬けて、飲んでみたが、その効果は今年あちこち体が痛くてまいっているんで、あんまり良かったとは言えないかもしれない。

2019年5月20日 (月)

手長エビ釣りに行ったけれども,悲惨な釣果に泣きました。

小田急永山から10時に乗って、初めて降りた川崎駅で餌を買う釣具屋を探して歩いたら、前夜に検索したにもかかわらず、全然見つけられずにやっとビルの5階まで行った店では生エサを扱っていませんと言われて、足がくたびれるほど歩いた後、駅前の交番に戻ってやっと教えてもらって赤虫を購入したのでした。Dscn0721 多摩川の三本橋につくとさすがに日曜でこのところ好調と言われているだけあって、大勢が竿を出していた。そんな中でテトラの先端部から小学生が「また釣れた!」と言いながら、両親の所のブクブク入りクーラーへせっせと運んでいたので。その近くに入らせてもらった。Dscn0725 前夜家で支度をしている時に老眼乱視で見えない針とテグスと格闘している姿を見た家内が、「そんなのは絶対に無理なのだから、行くのは止めた方が良い」と宣言されたのに、何とか準備してきたのだが、足場の悪いテトラの上で風に揺られた仕掛けをほどくのも餌を針に刺すのも難行苦行でありました。小学生が「また釣れた、小さいのも大きいのも見えているよ!」とか言うのですが、穴が違うと私には全然見えず、そちらの穴を覗かせてもらって、確かに何匹もうごめいているのが確認できました。しかし玉ウキからシモリ仕掛けに交換したりしたのに全然当たりもなく、一方小学生はDscn0720 「また釣れた!もう40匹以上になったでしょう」と母親に話していたので、どんな風にやっているのか聞いたら、2本の短い1m位の竿先を水面に突っこんで、シモリを動かすまで待って,ゆっくりと合わせて釣っていた。私も真似してやっとDscn0723 一匹釣ったが、持参した投げ釣り用のリールがクラッシュしたり、交換した延べ竿も長くてテトラのすき間にはつっかえてしまいやりにくかった。手長エビの浮きを潜らせて、合わせた後抜き上げてくるときのキックバックを体験したくて行ったのに、全然サイズがミニ過ぎて、多少抵抗を感じるくらいでぬーっと上がってきただけだった。長時間足場が悪い中頑張ったが、足元がふらついてテトラから落ちそうになって、やばいと思ったからもう止めて引き上げてきた。去年はエビの顔も見れずまったくゼロだったし、今年の前回一つテンヤとコマセ真鯛で2度も連続ボーズだったから、一応2匹でも釣れたので良しとしたのでした。そして普段は釣ったら食べる主義なのだが2匹をリリースしてきて、次回こそ食べられる魚を釣るぞ!と楽しみは長く続く方が良いのだと無理やりやせ我慢してきた釣行記でありました。

2019年5月18日 (土)

ベランダ園芸 蕾ラインナップ

Dscf3474 Dscf3468 Dscf3472 Dscf3470

イタリアンパセリ元気で何度も採取したのにまたもやこれほど伸びて種を採取できそうです。

孔雀サボテンは前には大輪を千手観音像の様に沢山咲いたんですが。強烈剪定と植え替えで時期が悪かったのか何鉢も枯らしてしまったのですが、去年からこの新しい株が何とか咲いてくれているのです。

桜ランには新芽が葉を伸ばし始めているんですが、前年に咲いた跡にまた蕾が出るのですが。今年は去年植え替えてやはり何鉢も枯らしてしまったので、新しい幹に新芽とは違うイガグリ頭の蕾の気配が見えてきました。

アマリリスは去年植えつけを逆さにしたので変な出方をしたのですが、今年は掘り出さずそのままにしたら一本だけ立ち上がってきました。

2019年5月17日 (金)

ナンジャモンジャではありません!

吉祥院の正門脇の大木を見に居たのに咲いていなかったんですが、Dscf3463 今は代わりにDscf3464 エゴノキがちょっと似たようににぎやかに咲いて、すでにDscf3465 落下の舞で地面に拡がっていました。

2019年5月16日 (木)

ハチクを採取してきた。

今年はタケノコが不作だったから、3日前に探したときには無かったので

Dscf3458 Dscf3456 ハチクもダメかと思ったが、今朝のラジオ体操の前の散歩道脇に見つけて採取してきた。

2019年5月14日 (火)

大葉が伸びてきました!

Dscf3423 Dscf3422   去年は大葉の苗を購入して育てた後、種ができるまで枯れても鉢から長く抜かずにおいていたので、今年になってから沢山発芽したのですが、まだ生育して伸びてくるまでは雑草かどうか見分けられなかったのです。今朝は大きく育った分は、その茎が四角なのと先端部に出てきたちじれ具合は間違いなく青チソだと解りました。

2019年5月13日 (月)

久しぶりにラジオ体操の貝取南公園まで出かけて参加してきた。

毎朝参加していたのに、去年9月以来どうもあちこちの具合が悪くなってしまって、今年の冬の寒い時期からは家の中ではラジオを聴きながら一人でやっていたものの、いつもの場所には出かけていなかった。この頃筍や蕗などを自転車で採りに出かけていたら、途中でメンバーに会って、声をかけられることが多かったので、今朝は久しぶりに参加してきた。みんなもやはり高齢者なので、私が体調不調で参加できなかったと言ったら、相見互いだと言われたのでした。帰りには近間の団地の手入れの良い花壇を眺めて、きれいに咲かせているDscf3410 Dscf3401 Dscf3399 Dscf3398 Dscf3397   バラなどを撮影して帰ってきました。

2019年5月12日 (日)

薫風香る良い季節なのに、あっという間に熱中症や紫外線対策へ

Dscf3392 Dscf3391 Dscf3390 Dscf3389

ハイビスカスの屋内越冬させた鉢を外に出すと、毎年葉焼けし枯れボーズになったのですが、今回も虫に食われたのかどうか解らない状態になっているのです。Dscn0677

«弟の眠る仙台の地の,一目千本桜の素晴らしい景観を思いがけず今朝の番組で眺めることが出来た!