フォト

最近のトラックバック

ここラッシュ:釣り

西暦・和暦変換

  • 潮回り

2019年9月20日 (金)

桜ラン4輪咲く!!

Img_0657

今年はすでに一輪が散ってしまっているので、これで2鉢で累計5輪咲いた。これら全部よりもっと先に発見した花芽には

2鉢で全部で5番まで番号札を付けたのですが、それらは全部まだ枯れずに残って居るのです。

何故先に追い越されてしまって枯れそうなままなのかは不明のままですが、果たしてそれは開花してくれるかどうか解らないのであります。

2019年9月19日 (木)

雨後の筍ではなくて、キノコが沢山出ていた。

Dscn0086 Dscn0087 Dscn0089 Dscn0092 Dscn0094

タマゴタケを昨日車の窓から発見して、虫に食われてしまった穴だらけのを採取してきたので、雨上がりの今朝はいつもの場所に出ているはずとラジオ体操欠席して自転車で捜し歩いた。最初はカワリハツ,次にウコンハツ・そしてミニサイズだったから採取はしなかったがチチタケ。そして驚くほど大量にナラタケモドキが発生していたので、持って行った手提げ袋が満タンになったので恐らく2㎏い所あったのではないか。これはたくさん食べると当たると言われているので、乾燥させたり、塩漬けにしたりしたのだが、前になめこの瓶詰のような味付けで佃煮風にして食べたら旨かった覚えがあるので、早速朝飯のおかずにして食べたのでした。

2019年9月17日 (火)

花キリンと桜ランを可愛いミニ花瓶へ飾ってやった

Img_0645 Img_0640 Img_0641

オンシジューム開花開始

花キリンと桜ラン一輪をミニ花瓶に飾ってやった。

2019年9月16日 (月)

桜ラン開花2番目が 2鉢に同時に競演している。

Img_0635 Img_0634

番号札がいくつか見えていますが、それらは全然咲かずに、その後で出てきたのがこうして咲いているのです。

かなり前に気配があったので、番号札をNo.5までつけたんですが、それらは全然開花しないまんま終わってしまうのかもしれないのです。

 

2019年9月15日 (日)

母の誕生祝に従兄弟が顔を見に来てくれ、ひ孫たちも一緒になって賑やかでした。

Img_0632  Img_0628 Img_0623

母の誕生祝に大月から従兄弟が手作りお赤飯と高級すもも貴陽を持ってきてくれて、そこで一緒になったひ孫たちと一緒に美味しくいただきました。母も賑やかにみんなと過ごせて喜んでいました。

2019年9月13日 (金)

ハゼ南蛮漬けが好評だったのでハゼ釣り今年2度目の1束超え

Img_0616 Img_0615

家内が持参したら大好評を得たと言うので、南蛮漬けの食材確保に昨日は永山6時半の京王ライナーに乗って出かけたら、さすがにノンストップの快適さで7時には新宿着だったが、予約券を買ってないと車中購入特急券は700円だと言われてちょっと損した。錦糸町へはしかし7時半着で、そこからクローバー橋へ型の良いのを探して4時間釣り歩いた。20㎝位のかなり太くてずっしりとしたのを含めて天ぷらに20匹以上作って、目刺しに干したのが90匹で今年2度目の1束超えをしました。やはり釣りたてすぐ良型を天ぷらにして食べると、南蛮漬けよりもうまいと思います。

2019年9月11日 (水)

オカトラノオの花が芋虫にみんな食われてしまった。

Img_0613

道端に沢山並んで林立して咲いていたので、切り花に2本花瓶に刺して飾っていたのだが、いつの間にか蕾も花も芋虫??に食われてしまっていた。

2019年9月10日 (火)

桜ラン、2鉢の蕾が競争で膨らみだした。

Img_0610  Img_0609  Img_0608

最初に咲いたNo2鉢の花はすでに散ってしまったが、その後No2の花芽の方が勢いが早そうだったのに、ようやくNo1の方も咲きそうになってきた。どちらも私が発見してすぐに番号札を付けたのとは違うのが なぜかどんどん大きくなっているのです。番号札を付けたのは何だか気配が出たのに、その気がないのか、(No1鉢のNo2だけはやっと膨らんだのですが)他の4本は全然まだ最初のまんまです。

2019年9月 8日 (日)

甲府から葡萄が送られて 母が大粒に驚いて食べて甘いと喜んだ。

Img_0585 Img_0587 Img_0588

甲府の叔母から今年もシャインマスカットを贈ってもらったが、その粒の大きさは驚くほでかかった。母も甘くてうまいと喜んでいたので、その場で携帯電話してお礼を言った後、手渡したら母の耳が遠くて二人での話はできなかった。

2019年9月 6日 (金)

アシベニイグチ 今回はアカヤマドリとヤマドリタケモドキを食材に、これはパスしました。

Img_0583 Img_0581

このきのこはブログに「茹でた後 何度も水にさらしてから 食べたら貝の食感でうまかった」と書かれていて、私も試したことがあった。

今朝その場で裏返しただけで、写真の様に一瞬にして青く変色するのだが、確かに水を替えて青紫の汁を捨てて食べたら貝の食感がしました。

しかし図鑑にはこれは毒に分類されているのです。なので今日はこれは採取せずパスして、アカヤマドリとヤマドリタケモドキを朝飯の味噌汁の具にしました。

«アイタケはもう15年前に厚木の弘法山で見て以来採って食べたのは初めてでした。